バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【S/Jリーグ】「チーム一丸となって戦い抜きたい」(嘉村)注目チームコメント<男子>

【S/Jリーグ】「チーム一丸となって戦い抜きたい」(嘉村)注目チームコメント<男子>

日本リーグから大会名を改称して2回目を迎えるS/Jリーグは11月4日、熊本県立総合体育館で開幕する。3日に行なわれた前日練習やレセプションの会場で、男子の3チームにリーグへの意気込みを聞いた。

S/Jリーグ

園田啓悟&嘉村健士

(トナミ運輸)

園田「自分の地元である熊本で開幕を迎えられるということで、応援してくださる方もすごく多いと思います。その中で、自分たちのベストパフォーマンスを出せるように頑張っていきたいです。また、連覇は難しいことですから、1試合1試合、チームで勝ちに行くことが大事になります。チーム一丸となって戦っていきたいです。S/Jリーグは国内でも一番大きなリーグですから、そこで優勝することがチームにとっても大事だと思います。

また、個人戦とは違って、みんなが応援してくれます。そのぶん、ガッツだったり気合いの入り方だったり、モチベーションは普段と違いますね。見に来てくださるファンの方には、自分たちの速い展開であったり、スマッシュだったりというのをしっかりと見てもらえたらなと思っています」

嘉村「初戦をしっかりと戦って、チームに勢いを付けられるようにしたいです。自分たちが勝てばチームの勝利にもつながると思っていますので、エースとしてしっかりと勝って仕事ができたらいいなと思います。今年の全日本実業団では連覇ができず、連覇が難しいということをあらためて思い知らされました。

今回は挑戦者の気持ちで、チーム全員がそう思っていると思いますが、チーム一丸となって戦い抜きたいです。自分としてもS/Jリーグは国内の団体戦の中で一番重要な大会です。この大会で優勝することで日本一のチームだといえる。だからこそ、本当に優勝できるように頑張りたいです。どの大会もそうですが、ファンの方には自分らしいプレーをして、見ていておもしろいと思ってもらえるプレーがしたいです。バドミントンのおもしろさを伝えられればいいなと思います」

S/Jリーグ

遠藤大由(日本ユニシス)

「開幕はすごく楽しみです。S/Jリーグはおもしろい大会の一つなので、優勝に向かって、チームみんなで頑張っていけたらと思っています。もともとリーグに対しては優勝したい気持ちがすごく強いので、今回キャプテンだからといって、何か特別な思いがあるというわけではありません。でも(昨季は最終戦で敗れているので)個人的にはリベンジしたい気持ちがあります。

僕が競技を始めたころ、“バドミントンがおもしろい”“こういう選手になりたい”と思ったきかっけは、このリーグです。小学生のころに見に行きましたが、コート1面でプレーする姿がすごくカッコよく見えました。少しでも僕みたいな子どもたちが増えてくれればいいなと、この歳になって思うようになりました。でも、僕自身は魅せるプレーができるほど、そんなに器用ではありません。平凡というか、堅実というか…。僕自身がイメージしている自分のプレーというのは、基本的に誰でもできるプレーだと思っています。変わったプレーではないぶん、誰でも僕みたいな選手にはなれると思うので、見てほしいのは、そういう部分でしょうか。

実際のプレーは動画で見るより、生で見た方がおもしろいので、会場にぜひ足を運んでください」

S/Jリーグ

古賀輝&齋藤太一

(NTT東日本)

古賀「昨年は試合に出られなかったので、そのぶん、今年は全勝でチームに貢献できればと思います。桃田(賢斗)も勝ってくれると思うので、(ダブルスの)自分たちが勝てば、自然と優勝が近づいてくるはず。昨季の順位(5位)というのは覆したいです。

全日本実業団もそうですが、チームを背負って戦うのは、個人戦とは違う独特の雰囲気があります。その中でもS/Jリーグは、やっぱり一番に気合が入る大会です。いつも応援していただいている方々への感謝はもちろん、勝つことで自分たちが知ってもらえると思うので、しっかり勝ち続けたいなと思います」

齋藤「今年は2人(古賀と桃田)が帰ってきて、チーム全員で試合に臨めます。桃田は(シングルスを)絶対に取ってくれると思うので、チームが勝つためには僕らダブルスがカギになる。しっかり勝って、優勝できるように頑張りたいです。

昨年度の5位というのは、過去になかった成績です。とても悔しいですし、自分の実力のなさを感じました。でも、それを踏まえてこの1年を頑張ってきたので、今年は昨年の成績を上回りたいですし、優勝がしたいです。全日本実業団は2複3単で、たとえ自分たちが(勝ち星を)落としても誰かがとってくれるので、みんなで戦っている感じはありますが、S/Jリーグは自分たちが落とすと負けにつながってしまう。責任は重くなるし、勝たないといけないという気持ちが強いです。

自分たちのプレーは攻撃的なプレーで攻めていくのがプレースタイルだと思うので、そこをしっかり出して、上位チームのダブルスに勝てるようにしたい。皆さんには、上位チームに向かっていく姿を見てもらえればと思います」

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/11/04
■関連キーワード