【大会情報】佐藤冴香がサイナ・ネワール下す!<アジア選手権>

4月25日にアジア選手権(中国・武漢)が開幕した。初日26日は各種目の予選リーグが実施され、27日には各種目の1回戦が行なわれている。

日本は予選リーグに男子シングルスの西本拳太が出場し、2勝を飾って本戦出場を決めた。1回戦では男子シングルスの西本、常山幹太、上田拓馬が勝利を飾り2回戦に進出。女子シングルスは、佐藤冴香がインドのサイナ・ネワールをファイナル勝負の末に下して勝ち上がったほか、山口茜、大堀彩も白星をつかんでいる。奥原希望はストレートで敗れた。

男子ダブルスは出場した4ペアがそろって勝利。女子ダブルスは髙橋礼華/松友美佐紀、米元小春/田中志穂が2回戦に進んだものの、福島由紀/廣田彩花は陳清晨/賈一凡(中国)に敗れて1回戦で姿を消している。

混合ダブルスは数野健太/栗原文音がストレートで快勝したが、渡辺勇大/東野有紗、高階知也/江藤理恵は敗れた。

日本選手の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

▼予選グループA

西本拳太②〔21−10、21−15〕0●アミール・ジャバリ(イラン)32分

西本拳太②〔21−6、21−11〕0●Jaspar Woon Chai YU(ブルネイ)19分

▼1回戦

西本拳太②〔21−14、21−9〕0●トミー・スギアルト(インドネシア)34分

常山幹太②〔21−11、16−21、21−14〕1●黃永棋(香港)68分

上田拓馬②〔21−13、10−21、21−17〕1●アンソニー・ギンティン(インドネシア)58分

坂井一将●0〔19−21、11−21〕②リー・チョンウェイ(マレーシア)41分

▼2回戦

西本拳太 − リー・チョンウェイ(マレーシア)

上田拓馬 − 諶龍(中国)

常山幹太 − 林丹(中国)

 

【女子シングルス】

▼1回戦

奥原希望●0〔14−21、16−21〕②李張美(韓国)37分

佐藤冴香②〔19−21、21−16、21−18〕1●サイナ・ネワール(インド)68分

山口 茜②〔21−17、21−18〕0●ゴー・ジンウェイ(マレーシア)42分

大堀 彩②〔21−13、21−3〕0●Sarah Joy BARREDO(フィリピン)26分

▼2回戦

大堀 彩 − シンデュ・P.V.(インド)

山口 茜 − 許雅晴(台湾)

佐藤冴香 − 陳雨菲(中国)

 

【男子ダブルス】

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−10、21−10〕0●李晉熙/羅卓謙(香港)29分

園田啓悟/嘉村健士②〔21−10、21−4〕0●TAMANG/DHAMI(ネパール)21分

保木卓朗/小林優吾②〔21−14、20−22、21−10〕1●CHUNG/KIM(韓国)56分

井上拓斗/金子祐樹②〔21−13、21−12〕0●ウィジャヤ/クリスナンタ(シンガポール)27分

▼2回戦

園田啓悟/嘉村健士 − アルディアント/アルファン(インドネシア)

遠藤大由/渡辺勇大 − 陳宏麟/王齊麟(台湾)

井上拓斗/金子祐樹 − キッティフォン/デチャポル(タイ)

保木卓朗/小林優吾 − プラタマ/スワルディ(インドネシア)

 

【女子ダブルス】

▼1回戦

米元小春/田中志穂②〔21−13、21−16〕0●グエン/ブー(ベトナム)31分

福島由紀/廣田彩花●0〔18−21、14−21〕②陳清晨/賈一凡(中国)49分

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−12、21−8〕0●オン/ウォン(シンガポール)30分

福万尚子/與猶くるみ ●キケン○ 胡崇賢/程郁捷(台湾)

▼2回戦

米元小春/田中志穂 − 張藝娜/李紹希(韓国)

髙橋礼華/松友美佐紀 − 金昭英/蔡侑玎(韓国)

 

【混合ダブルス】

▼1回戦

渡辺勇大/東野有紗●0〔16−21、18−21〕②廖敏竣/陳曉歡(台湾)31分

高階知也/江藤理恵●0〔9−21、18−21〕②王懿律/黄東萍(中国)30分

数野健太/栗原文音②〔25−23、21−17〕0●譚進希/吴芷柔(香港)43分

▼2回戦

数野健太/栗原文音 − タン/ライ(マレーシア)

 


投稿日:2017/04/27
■関連キーワード

   

人気記事ランキング