【YOJ】「主導権を握って試合を運びたい」奥原 <1回戦・選手コメント−2>

9月21日にヨネックスオープンジャパン2016(東京体育館)2日目が行なわれた。ここでは、1回戦を戦った選手たちのコメントを紹介しよう。

 

ヨネックスOP

奥原希望(デンマーク選手に2−0で完勝)

「(観客の多さに)最初はゾクゾクしました。試合の内容的にはまずまずだったかなと思います。明日の中国選手は、2年前の中国ICで戦った相手(陳雨菲)。レベルも高くなっていると思うので、出だしで相手のスタイルをしっかりつかんで、自分が主導権を握って試合を進められたらと思っています」

 

ヨネックスOP

佐藤冴香(台湾のエース・戴資穎に2−0のストレートで勝利)

「オリンピックが終わって、戴資穎選手も疲れている中で、自分はこの大会に向けて万全の状態で挑むことができたので『きちんと勝たないと』という思いはありました。1ゲーム目は、相手はまだ体が動かない状態でしたが、自分も少し緊張して硬くなっていました。自分がスムーズに入っていればもう少し点差が開いたのかなと思うんですけど、1ゲームをしっかりと取ったことで、2ゲームはああいう点数になったので、1ゲーム目が勝負だったかなと思っています」

 

大堀彩(オーストリア選手に2−0で勝利)

「初戦で少し緊張もあったんですけど、1点目から全力で自分のプレーを出そうということだけを考えて、戦いました。(圧勝でしたが?の問いに)点数的にはそうだったんですけど、YOJという大きな目標の一つである大会で、初戦を突破したのが初めてだったので、それが素直にうれしいです」

 

渡辺勇大/三橋健也(高校生と対戦し2−0で勝利)

三橋「初めてのYOJなので、どんな感じなのか、試合前は緊張したんですけど、やってみたらとても楽しくというか、新鮮で、おもしろかったです。会場の雰囲気というか、設営がすごかったですね。途中からは勝負に徹してプレーできました。勝つともっと喜びが大きいので」

渡辺「(今日)2戦目でちょっと集中力もなくて、内容もあまりよくなかったので、反省して、また明日勝てればいいなと思います。点差が開かなかったというより、自分のパフォーマンスがよくなかったので、もうちょっとシンプルに、シンプルにいければと。集中力がないからこそ、パートナーに助けてもらいながらのプレーでいいと思うので、そういう部分では張りきりすぎたかなと思います」

 

米元小春/田中志穂(韓国の強豪若手ペアにストレートで勝利)

米元「以前戦ったときには負けていたので、その相手に勝てたことがよかったです。最近は低い展開やノーロブなど速い展開で戦うなかで、自分たちの余裕がなくなることが多かったです。でも、今回はシャトルが飛ばないというのもあるけど、レシーブで相手を振って我慢勝負という頭で試合をしました。しっかりラリーで我慢して、相手のミスを先に誘えたことがよかったです」

田中「最近いい試合があまりなかったので、久しぶりに満足できる試合ができたかなと思います。向こうが最初にミスしてくれましたが、私たちはミスがなかったのがよかったかな」

 

ゴーVS/タンWK(マレーシア/リオ五輪男子複銀メダリスト。タイペアに勝利)

タン「オリンピックが終わった後、そこから休むことができた。でも、状態としては6、7割程度です。オリンピックで銀メダルを獲得できたことは、自信にもつながっています」

 

リターユール/ペデルセン(デンマーク/リオ五輪女子ダブルス。日本ペアに勝利)

ペデルセン「今日の試合には満足しています。日本の若い選手の勢いに苦戦したけど、なんとか勝ててよかったです。」

リターユール「オリンピック後でコンディションを調整するのは難しいけども、なんとか一つひとつ勝っていければ。ただ、リオの結果がよかったので、いまはモチベーションは高い」


投稿日:2016/09/22
■関連キーワード

   

人気記事ランキング