【日本RC】渡辺勇大&三橋健也が男子ダブルス4強! 準々決勝

5月23日に開催された2016日本ランキングサーキット(埼玉県さいたま市)3日目は、各種目の準々決勝が行なわれた。ここでは各種目の注目ゲームと試合結果、明日の組み合わせを紹介しよう。

 

【男子シングルス】

注目を集めたのは、高校時代からペアを組む常山幹太と下農走(ともにトナミ運輸)の対決。第1ゲームは22-20で常山、第2ゲームは21-19で下農が取り、ファイナルゲーム21-17で常山が勝利。互いを知り尽くした同士の戦いは、1時間15分に及ぶ大熱戦となった。その他の3試合は2−0で決着。五十嵐優(中央大)が大学生で唯一、準決勝に進出した。

▼試合結果

常山幹太(トナミ運輸)②〔22-20、19-21、21-17〕1●下農走(トナミ運輸)

五十嵐優(中央大)②〔21-18、21-16〕0●堀内研人(日立情報通信エンジニアリング)

小野寺裕介(日本ユニシス)②〔21-13、21-18〕0●丸尾亮太郎(日立情報通信エンジニアリング)

山口容正(トナミ運輸)②〔21-9、21-19〕0●三橋健也(日本大)

 

▼明日の組み合わせ

小野寺裕介(日本ユニシス)- 山口容正(トナミ運輸)

五十嵐優(中央大)- 常山幹太(トナミ運輸)

 

 

【女子シングルス】

富岡高校の先輩・後輩にあたる、川上紗恵奈(北都銀行)と仁平菜月(富岡高3年)が対戦。1学年上の先輩・川上が、第2ゲームから強気で挑んできた後輩・仁平を振りきって勝利した。同チーム対決となった今別府香里と鈴木温子(ともにヨネックス)は、大きな声を出して気合十分の鈴木がファイナルゲーム21-16で勝利。第1シードの今別府は、準々決勝敗退となった。峰歩美と伊東可奈(ともに再春館製薬所)の対戦は、峰がリードを保ちながら落ち着いて試合を進め、2−0で勝利した。

▼試合結果

川上紗恵奈(北都銀行)②〔21-11、21-17〕0●仁平菜月(富岡高3年)

鈴木温子(ヨネックス)②〔21-23、21-17、21-16〕1●今別府香里(ヨネックス)

峰歩美(再春館製薬所)②〔21-10、21-15〕0●伊東可奈(再春館製薬所)

漆﨑真子(山陰合同銀行)②〔21-18、16-21、21-12〕1●土井杏奈(ヨネックス)

 

▼明日の組み合わせ

鈴木温子(ヨネックス)-峰歩美(再春館製薬所)

漆﨑真子(山陰合同銀行)-川上紗恵奈(北都銀行)

 

 

【男子ダブルス】

第1シードの井上拓斗/金子祐樹、第2シードの佐伯祐行/垰畑亮太(いずれも日本ユニシス)が危なげなく勝利。昨年の3位から優勝をねらう渡辺勇大/三橋健也(日本ユニシス/日本大)は、同年代の松居圭一郎/玉手勝輝(日本体育大)相手に2-0で勝利したが、第2ゲームは22-20と迫られた。違う所属先でペアを組む山田和司/米田健司(日本ユニシス/トリッキーパンダース)も2−0ながら、島田大輝/竹内義憲(ヨネックス)に対して第1ゲーム22-20、第2ゲーム25-23と接戦での勝利だった。

▼試合結果

井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス)②〔21-18、21-14〕0●牧野公亮/渡部大(JR北海道)

佐伯祐行/垰畑亮太(日本ユニシス)②〔21-16、21-10〕0●渡邊達哉/権藤公平(トナミ運輸)

渡辺勇大/三橋健也(日本ユニシス/日本大)②〔21-16、22-20〕0●松居圭一郎/玉手勝輝(日本体育大)

山田和司/米田健司(日本ユニシス/トリッキーパンダース)②〔22-20、25-23〕0●島田大輝/竹内義憲(ヨネックス)

 

▼明日の組み合わせ

井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス)- 山田和司/米田健司(日本ユニシス/トリッキーパンダース)

渡辺勇大/三橋健也(日本ユニシス/日本大) - 佐伯祐行/垰畑亮太(日本ユニシス)

 

【女子ダブルス】

2回戦で社会人選手を倒した大学生ペアの加藤美幸/柏原みき(筑波大)が、第3シードの新玉美郷/渡邊あかね(NTT東日本)と対戦。1−1で迎えたファイナルゲームまで、ねばりのレシーブと強気で打って前で叩くパターンで押し切り、21-18で勝利した。前日の試合開始直後、相手選手の負傷キケンで勝ち上がった櫻本絢子/高畑祐紀子(ヨネックス)は、スピード感あふれるプレーで圧倒。2−0の勝利で準決勝に駒を進めた。

▼試合結果

加藤美幸/柏原みき(筑波大)②〔21-18、13-21、21-18〕1●新玉美郷/渡邊あかね(NTT東日本)

櫻本絢子/高畑祐紀子(ヨネックス)②〔21-17、21-11〕0●久後あすみ/横山めぐみ(山陰合同銀行)

永原和可那/松本麻佑(北都銀行)②〔17-21、21-13、21-13〕1●川島里羅/尾﨑沙織(NTT東日本)

廣田彩花/小野菜保(再春館製薬所)②〔21-17、21-9〕0●田中志穂/中村優里(北都銀行)

 

▼明日の組み合わせ

櫻本絢子/高畑祐紀子(ヨネックス)- 永原和可那/松本麻佑(北都銀行)

加藤美幸/柏原みき(筑波大)- 廣田彩花/小野菜保(再春館製薬所)

 

 

【混合ダブルス】

2連覇をねらう第1シードの渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)、第2シードの米元優樹/米元陽花(宇部興産/ACT SAIKYO)が2−0で勝利。米元きょうだいは第1ゲームを24-22で奪うと、第2ゲームも気持ちを切らさず押し切った。井上拓斗/篠谷菜留(日本ユニシス)は、前日の女子ダブルスの試合中に篠谷が負傷した影響でキケン。高階知也/江藤理恵(トリッキーパンダース/岐阜トリッキーパンダース)が準決勝進出となった。

▼試合結果

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)②〔21-13、21-8〕0●藤巻嵩寛/牧野美咲(AC長野パルセイロBC/七十七銀行)

米元優樹/米元陽花(宇部興産/ACT SAIKYO)②〔24-22、21-16〕0●小町谷輝/亀田楓(AC長野パルセイロBC/広島ガス)

伊東克範/浦谷夏未(金沢学院クラブ/北都銀行)②〔23-21、21-17〕0●鈴木大裕/桜井みどり(東北マークス/広島ガス)

高階知也/江藤理恵(トリッキーパンダース/岐阜トリッキーパンダース)○〔キケン〕●井上拓斗/篠谷菜留(日本ユニシス)

 

▼明日の組み合わせ

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)- 伊東克範/浦谷夏未(金沢学院クラブ/北都銀行)

高階知也/江藤理恵(トリッキーパンダース/岐阜トリッキーパンダース)- 米元優樹/米元陽花(宇部興産/ACT SAIKYO)

 

明日は各種目の準決勝が行なわれる。混合ダブルス、女子シングルス、男子シングルス、女子ダブルス、男子ダブルスの順番で、試合開始予定は10時。

 

取材・文/平田美穂


投稿日:2016/05/23
■関連キーワード

      

人気記事ランキング

閉じる