【IC】保木&小林、渡辺&三橋らが1回戦突破! 

2月25日に行なわれたオーストリア国際(ウィーン・IC)2日目は、各種目予選、本戦1回戦が行なわれた。

男子シングルスは、奈良岡功大が予選3回戦を勝ち抜き本戦に出場。その本戦では、常山幹太とともに奈良岡も1回戦を突破した。

男子ダブルスは全日本総合準優勝の保木卓朗/小林優吾と、同8強の高校3年・渡辺勇大/三橋健也が1回戦に登場し、どちらも白星をつかんでいる。

 

日本選手の結果は以下の通り。

 

▼予選3回戦

奈良岡功大②〔21−12、20−22、21−18〕1●アディ・プラタマ(インドネシア)62分

▼本戦1回戦

常山幹太②〔21−10、21−13〕0●ドミトロ・ザバドスキ(ウクライナ)27分

奈良岡功大②〔17−21、21−19、21−14〕1●カール・コルヨネン(フィンランド)62 分

 

【男子ダブルス】

▼1回戦

保木卓朗/小林優吾②〔21−16、21−8〕0●ボチャート/モレン(ポーランド)25分

渡辺勇大/三橋健也②〔21−9、21−16〕0●高相輔/于臣(中国)27分

 


投稿日:2016/02/26
■関連キーワード

               

人気記事ランキング