【日本リーグ】「最後まであきらめず、自分のプレーをしたい(桃田)」 選手コメント集〜2 <東京大会>

2月13日に『日本リーグ2015』第11日が、東京・代々木第二体育館で開催された。ここでは、出場した選手のコメントを紹介しよう。

 

日本リーグ2015

桃田賢斗(NTT東日本)

※小泉秀登(トリッキーパンダース)に勝利

桃田「いつも試合は緊張するけど、今日は先に始まった女子(NTT東日本)の試合で、応援団の皆さんの熱が入っているのを感じました。『心強いな』と思いながらコートに入ったし、プレーも楽しく元気よくできました。全日本総合で優勝したときもこの体育館だったので、モチベーションが上がっていいパフォーマンスができたと思います。あと、相手の小泉(秀登)さんは同じ香川県出身。今日が引退試合だと聞いていたので、最後まで全力でやりました。(明日に向けては)最後まであきらめず、自分のプレーをしたいと思います

(アンダーウェアについては)最初は恥ずかしかったんですけど、気に入りました。着てみたら動きやすかったので、皆さんにオススメしたいです(笑)」

 

 

日本リーグ2015

福万尚子/與猶くるみ(再春館製薬所)

※髙橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)に敗戦

福万「第1ダブルスとして信頼してくれていたと思いますが、それに応えられなかったのが悔しいです。優勝するには今日の試合がとても大事だったと思いますが、明日しっかりとリベンジしたいです」

與猶「相手に向かっていく気持ちはあったんですが、そのなかでどこか引いてしまう部分があったり、のっているときにミスをしてしまいました。福万さんはいつも通りのプレーでしたが、自分が崩れてしまいました」

 


投稿日:2016/02/13
■関連キーワード

         

人気記事ランキング