「2年前にやられた相手にリベンジできた」古賀輝 全日本総合3日目 注目選手コメント〜1

全日本総合(東京・代々木第二体育館)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは、男子シングルスに出場した選手のコメントを紹介しよう。

 

全日本総合

桃田賢斗(NTT東日本)

【五十嵐優(中央大)に2-1で勝利】

「1ゲーム目は風が強く、ラリーすれば相手がミスしてくれると思ったけど、予想以上にミスをせず、強かったです。1ゲーム目を取られたときは、涙目になるくらい追い詰められました。すごく緊張しましたが、日本代表としての意地があるので、ここで負けられない。2ゲーム目の中盤から、ラリーではなく、思いきってプレーしたら流れが変わりました。明日は、今日のように『最初からとばしてカッコよく勝とう』と思わずに(苦笑)、がめつく、貪欲に、1本1本大事にプレーしていきたいです」

 

全日本総合

坂井一将(日本ユニシス)

【松川直弘(日立情報通信エンジニアリング)に2-0で勝利】

「何度も対戦していますが、ラリーに付き合わないように先手で仕掛けていくことがポイントで、今日は思い通りのプレーができたと思います。去年はベスト4で、準々決勝で初めて上田(拓馬)選手を倒して満足してしまった部分がありました。でも、今年は優勝するために来ている。準々決勝の西本(拳太)選手は年下ですが、向かっていきたいです」

 

全日本総合

古賀輝(早稲田大4年)

【常山幹太(トナミ運輸)に2-1で勝利】

「ダブルスでは高校生の渡辺/三橋に負けて、気持ちが一度切れてしまった。でも、そこからシングルスへとうまく切り替えられたと思います。第1ゲームは振りきって取れたけど、第2ゲームを逆に取られてしまい慌ててしまった。第3ゲームはまた切り替えたので、最後まであきらめずにいけました。相手には(自分の)ショートサービスからやられていたので、ロングサービスも入れてうまく修正できた。2年前の全日本総合ではコテンパンにやられた相手にリベンジでき、初めてベスト8にも入れてうれしいです」

 

西本拳太(中央大3年)

【古財和輝(龍谷大職員)に2-0で勝利】

「総合では毎年ベスト8なので、『今年こそ』という思いがあります。ナショナルA代表に入りたい思いは、B代表のなかでは誰にも負けない。同世代である桃田の頑張りは、自分が頑張るモチベーションになっています。明日の坂井選手には過去3戦3敗ですが、球をしっかりコントロールしていければ。相手のスピードに合わせないようにしたいです」


投稿日:2015/12/03
■関連キーワード

            

人気記事ランキング