「去年の結果を上回ってホッとしている(奥原)」 全日本総合2日目 注目選手コメント〜1

全日本総合(東京・代々木第二体育館)2日目は、各種目1回戦が行なわれた。ここでは、女子シングルスの注目選手のコメントを紹介しよう。

 

山口茜(勝山高3年)

山口茜(勝山高3年)

【シングルスでは朝岡依純(龍谷大)に2-0で勝利】

「初戦ということもあってミスが多くなり、今日は納得のいく試合ではなかったです。総合は1年の最後にある大会なので、この1年間で自分がどれだけ成長できたかを試したり、周りの人に見てもらったりする場なので、そこで最高のパフォーマンスをできるようにしたいです。プレッシャーはありませんし、コンディションや遠征の疲労も大丈夫。昨年優勝できたことで、自信というより、それに相応するプレーをするための覚悟や責任が出てきたと感じています。今大会も自分の精一杯のプレーをしたいです」

山口茜/鈴木咲貴(右)
山口茜/鈴木咲貴(右)

【ダブルスは福万尚子/與猶くるみ(再春館製薬所)に0-2で敗戦】

「ダブルス(ペアは鈴木咲貴)はこれからお世話になる再春館製薬所の先輩との対戦で複雑な気持ちがありましたが、勝山を背負うのは、個人としては最後。パートナーの目標は、ドローが出る前までは“1勝”。負けはしましたが、3年間一緒に出たなかで今回が一番いい試合ができたと思います」

 

全日本総合

奥原希望(日本ユニシス)

【海老原詩織(作新学院高2年)に2−0で勝利)】

「とりあえず1回戦突破できたので、去年の結果を上回ったのでホッとしています。コンディションは今年初めてスーパーシリーズをフルで回って、いままでにないくらい疲れていますが、ナショナルAの人たちはそれを乗り越えてこの大会に臨んでいるので、しっかりと結果を求めていきたいと思います」

 全日本総合

齋藤栞(埼玉栄高3年)

【星千智(日本ユニシス)に2−1で勝利】

「初めて全日本総合に出られたのでそれもうれしいですし、1回戦勝てたのもうれしいです。攻めることができて、相手がミスするまで我慢できたことがよかったです。2ゲーム目の出だしが悪かったのですが、ファイナルゲームは立て直せました。自分の力を出せて、いい経験になりました」

 

三谷美菜津(NTT東日本)

【川島美南(埼玉栄高2年)に2−0で勝利】

「(相手が)高校生だったので、負けられないというのもあったんですけど、自分の力を出せば大丈夫と思っていました。とりあえず、1回戦勝ててよかったです。めざしているのは優勝ですけど、まずは自分の力を出し切ることをしっかり1試合1試合やっていきたいです」

 


投稿日:2015/12/02
■関連キーワード

            

人気記事ランキング