日本選手は準決勝敗退。銅メダル6個! 世界ジュニア2015《個人戦》5日目結果

11月14日(日本時間15日)に開催された世界ジュニア2015(ペルー・リマ)個人戦5日目は、各種目の準決勝が行なわれた。

 

日本選手はシングルス3人、ダブルスで3組が準決勝に進出。男子シングルスは第2シードを破って勝ち上がっていた渡邉航貴が台湾選手と対戦したが、18本、12本で抑えられて敗戦。男子ダブルスの渡辺勇大/三橋健也も中国の第1シードペアと対戦したが、ストレートで敗れている。

 

女子シングルスは仁平菜月、荒木萌恵が勝ち上がったが、どちらもマレーシア選手に敗戦。前日に中国のV候補を破った仁平は、第2ゲームを奪ってファイナル勝負に持ち込むも、最後は振り切られて悔しい3位となった。

 

女子ダブルスの志田千陽/松山奈未も中国の強豪ペアにねばり強く戦ったが、第3ゲームで失速して敗北。混合ダブルスの森岡秀斗/志田千陽もストレートで準決勝敗退となった。

 

日本選手の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

渡邉航貴●0〔18−21、12−21〕②Lu Chia Hung(台湾)40分

世界ジュニア

【女子シングルス】

仁平菜月●1〔15−21、21−16、14−21〕②Lee Ying Ying(マレーシア)74分
48020151114_1655_WorldJuniorChampionships2015_RS__3412

 

荒木萌恵●0〔10−21、10−21〕②Goh Jin Wei(マレーシア)32分

世界ジュニア

【男子ダブルス】

渡辺勇大/三橋健也●0〔13−21、16−21〕②He Jiting/Zheng Siwei(中国)31分

世界ジュニア

 

【女子ダブルス】

志田千陽/松山奈未●1〔17−21、21−14、12−21〕②Du Yue/Li Yinhui(中国)50分

世界ジュニア

 

【混合ダブルス】

森岡秀斗/志田千陽●0〔8−21、12−21〕②Zheng Siwei/Chen Qingchen(中国)20分

世界ジュニア


投稿日:2015/11/15
■関連キーワード

人気記事ランキング