日本は台湾に敗れるも銅メダル獲得! 世界ジュニア《団体戦》最終日

700a20151108_1749_WorldJuniorTeamChampionships2015_RS__9078 2

11月8日(日本時間9日)に開催された世界ジュニア2015(ペルー・リマ)団体戦最終日は、決勝戦、順位決定戦が行なわれた。

 

準決勝で中国に敗れた日本は、台湾との3位決定戦に臨んだ。しかし、初戦の混合ダブルスを落とすと、好調の男子シングルス・渡邉航貴、男子ダブルスの渡辺勇大/三橋健也が立て続けに敗戦。チームも0−3で敗れ、最終順位は4位に終わった。

 

決勝戦は中国とインドネシアの対決となり、3−0のストレートでインドネシアを退けた中国が優勝。昨年に続いて2連覇を達成し、通算10度目の優勝を飾っている。

 

世界ジュニアは9日に休養日を挟み、10日から15日まで個人戦を行なう。

 

■3位決定戦

日本 0−3 台湾

▼混合ダブルス

森岡秀斗/志田千陽 1−2 Yang Ming-Tse /Lee Chia-Hsin51分

 

▼男子シングルス

渡邉航貴 0−2 Lu Chia-Hung34分

 

▼男子ダブルス

渡辺勇大/三橋健也 1−2 Po Li-Wei/Yang Ming-Tse46分

 

■決勝戦

中国 3−0 インドネシア

 

■最終順位

1位中国 2位インドネシア 3位台湾 4位日本

5位マレーシア 6位タイ 7位デンマーク 8位香港

9位インド 10位韓国 11位シンガポール 12位ドイツ

13位カナダ 14位イングランド 15位オランダ 16位スペイン

※16位まで掲載


投稿日:2015/11/09
■関連キーワード

               

人気記事ランキング