8ゾーンで優勝が決まる~ヨネックス杯国際親善レディース~

10月18日(日)、3日間にわたって熱戦を繰り広げてきた「ヨネックス杯 国際親善レディース2015」が閉幕した。

 

競技レベルの高い選手で編成されたチームが出場するAゾーンでは、日本リーグ1部所属の岐阜トリッキーパンダースが2連覇を達成。準決勝で元ナショナルチームのメンバーを擁する中国のYONEX MULANを2-0で退けると、決勝では京都学連選抜に粘られながらも2-1で下し、社会人チームの意地を見せた。昨年からメンバーが入れ替わり、今年は3年目以下の選手が5人エントリーする若いチームだったが、経験豊富な6年目の江藤理恵と1年目の川添麻依子を組ませるなど「3ペアでバランスを取りながら」(山田靑子監督)試合に臨み、栄冠を手にした。

レディース

Aゾーンの決勝は岐阜トリッキーパンダースが京都学連選抜を破った
Aゾーンの決勝は岐阜トリッキーパンダースが京都学連選抜を破った

 

Aゾーン準優勝の京都学連選抜は同志社大、立命館大、京都産業大の混成チーム。準決勝のYONEX戦以外はあえて他大学の選手とペアを組んだが、それを感じさせない息の合ったプレーで決勝に進出した。学生の参加が認められたのは今年からで、大会の歴史に新たな1ページを刻んだことになる。決勝で岐阜トリッキーパンダースから1勝を挙げた金山佳香(立命大・4年)は「技術では負けても、気持ちで勝ちに行ければと思っていた。いい経験になりました」と笑顔だった。

レディース

 

なお、各ゾーンの優勝チームは以下の通り。

 

■Aゾーン(競技レベルの高い選手で構成されたチーム)

岐阜トリッキーパンダース(岐阜)

 

■Bゾーン(3複の合算年齢266歳未満)

チャイニーズ・タイペイA(台湾)

 

■Cゾーン(3複の合算年齢266歳以上288歳未満)

チャイニーズ・タイペイB(台湾)

 

■Dゾーン(3複の合算年齢288歳以上)

広島スウィング(広島)

 

■Eゾーン(各選手50歳以上)

あい&あいB(兵庫)

 

■Fゾーン(各選手60歳以上)

千葉A(千葉)

 

■Gゾーン(各選手65歳以上)

ミラクルパワーB(埼玉)

 

■Hゾーン(各選手70歳以上)

Mix70愛知A(愛知)

 

取材・文/岡部充代


投稿日:2015/10/19
■関連キーワード

人気記事ランキング