奈良岡、水井らが4強入りを決める! アジアジュニアU17&U15 準々決勝結果

10月9日に開催されたアジアジュニアU17&U15選手権2015(インドネシア・クドゥス)3日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

 

男子はU15の奈良岡功大(浪岡中2年)と川本拓真(亀崎中2年)がともに準決勝に進出。女子はU17の水井ひらり(富岡第一中3年)、同ダブルスの齋藤夏/吉田瑠実(埼玉栄中3年)が勝ち上がり4強入りを決めている。

 

日本選手の結果は以下の通り。

 

【U17】

▼男子シングルス

中山 裕貴 0−2 Lakshya Sen(インド)

▼女子シングルス

水井ひらり 2−0 Park Ga Eun (韓国)

▼女子ダブルス

齋藤夏/吉田瑠実 2−0 Chang Yu Hsuan/Pei-Tzu Lo(台湾)

 

【U15】

▼男子シングルス

奈良岡功大 2−0 Maisnam Meiraba(インド)

川本 拓真  2−0 Ko Shing Hei(香港)

▼男子ダブルス

奈良岡功大/河村翼 1−2 Restu/Wardana(インドネシア)

▼女子ダブルス

森山紗帆/郡司莉子 0−2 Cindiani/Jamil(インドネシア)

 


投稿日:2015/10/10
■関連キーワード

   

人気記事ランキング