【世界ランキング情報】桃田賢斗がTOP5をキープ! 男子シングルス

5月から始まったリオ・デ・ジャネイロ五輪の出場権争いは、五輪レースの3分の1が終了した。5月以降に行なわれたSSはオーストラリアOP(5月)、インドネシアOP(6月)、ヨネックスOPジャパン(以下YOJ)、韓国OP(ともに9月)の4大会。8月の世界選手権を加えると、5つのビッグトーナメントが消化されたことになる。

 

9月23日に発表された世界ランキングは、直近に開催された韓国OPのポイントが反映されている。ここでは、5月から9月末現在の男子シングルスの状況を振り返ろう。

 

世界王者の諶龍がトップをキープ!

 

世界ランク1位をキープしている諶龍
世界ランク1位をキープしている諶龍

男子シングルスは五輪レースの開始5月の順位に比べて上下の変動はあるものの、新たに浮上してきた選手はさほど多くない。諶龍、林丹(中国)やヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)らは相変わらずトップランクに位置している。目新しい選手となると、インドネシアOP優勝、世界選手権3位の好成績を残した桃田賢斗だろう。8月後半には自身初となる3位まで浮上。現在は4位と順位を下げたが、それでも当分は高い位置を保てるポイントをつかんでいる。今後は他国からより厳しい目でマークされることになるが、それを蹴散らす実力も十分だ。

 

5位から20位前後の選手を見ても、5月時点の世界ランクと比べて大きな変化はない。韓国のエース・孫完虎は調子が上がらずランクを下げているが、年内の巻き返しを当然ねらっていることだろう。インドの3強もコンスタントに結果を残しており、さらに9月の韓国OP準優勝のアジャ・ジャヤラムなど新勢力も出始めている。国内でしのぎを削ることでレベルアップを図るインド選手の動向には注意が必要となりそうだ。

 

480ランク変動1

 

チョンウェイ、スギアルトがSS戦線を賑わすか!?

9月に入って下位順位から浮上しているのが、マレーシアのリー・チョンウェイだ。昨年のドーピング問題の影響で世界ランキング100位台まで落としていたが、5月に復帰して以降は世界選手権2位、USオープン(GPG)、カナダOP(GP)優勝を果たし、現在は24位までランクを上げている。チョンウェイの場合は5月以前のポイントがすでに消えているため、今後はポイントを上乗せしていくだけとなる。YOJ、韓国OPは予選からのスタートだったが、これからは本選からの出場となるため、体力的にも精神的にも楽になってくる。10月のフランス、デンマークで久々のSS優勝を果たし、さらなるジャンプアップをねらっているはずだ。

実力はトップレベルのチョンウェイは、年内のSSで優勝をつかみたい
実力はトップレベルのチョンウェイは、年内のSSで優勝をつかみたい

 

また、近況好調なのがインドネシアのトミー・スギアルト。YOJ2回戦では桃田をファイナル勝負で下し4強に入ったインドネシアの第一人者は、ロシアOP(7月)、ベトナムOP(8月、ともにGP)でも優勝を飾っている。

スギアルトは昨年まで世界ランク上位をキープしていたが、今年初めにインドネシア代表の指導陣から代表合宿に取り組む姿勢に関して注意を受け、代表から外された経緯がある。SSなどの大会には出場していたものの好不調の波が激しく、浮上のきっかけをつかめずにいたが、マレーシアのクラブチームがスポンサーとなってスギアルトの活動を応援。これによってスギアルトはプレーに集中することができ、夏以降の活躍につながっている。実際にプレーの切れ味もよくなっており、これからのSS戦線を賑わす存在となりそうだ。

全盛期の切れ味が戻ってきたスギアルト
全盛期の切れ味が戻ってきたスギアルト

 

 

 

好調を維持する桃田賢斗。佐々木翔が2番手で追跡

 

日本選手の動向にも注目してみよう。現在、日本一番手の桃田は世界ランクTOP5を維持しており、今後もコンスタントに8強以上の成績を積み重ねていけば、リオ五輪の道も安泰といえる。12月のスーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)にも出場する可能性が高く、ここで上位に入ればさらなる高ポイントを獲得できるため、より優位に五輪レースを進めることもできそうだ。

 

一時期、世界ランク3位まで浮上した桃田賢斗。このまま上位を守りたい
一時期、世界ランク3位まで浮上した桃田賢斗。このまま上位を守りたい

 

続く2番手に位置するのが佐々木翔。ロンドン五輪8強のベテランは、五輪レースのスタートダッシュには失敗したが、9月韓国OPでは久々にSS8強の成績を残している。現在の世界ランクは22位だが、年内4つあるSSで8強以上をキープ、または4強以上に1度でも入ると、五輪出場圏内の世界ランク16位に近づくこともできる。日本の出場枠2つをつかむために、なんとか上位に食い込みたいところだ。

 

韓国OPで8強入りした佐々木翔。10月のスーパーシリーズ2連戦での結果が今後の五輪レースを左右しそう
韓国OPで8強入りした佐々木翔。10月のスーパーシリーズ2連戦の結果が今後の五輪レースを左右しそう

 

◆2015年スーパーシリーズ日程

10月13日~18日●デンマークOP(SSP・オデンセ)

10月20日~25日●フランスOP(SS・パリ)

11月10日~15日●中国OP(SSP・福建)

11月17日~22日●香港OP(SS・九龍)

12月9日~13日●スーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)


投稿日:2015/09/26
■関連キーワード

      

人気記事ランキング