垣岩令佳

日本

垣岩令佳

名前
垣岩令佳
ふりがな
かきいわ・れいか
英語表記
KAKIIWA Reika
生年月日
1989年7月19日
出身
滋賀県
身長
167cm
体重
64kg
利き腕
血液型
AB
所属
再春館製薬所
出身校
日吉中-青森山田高
最高世界ランキング
3位/女子ダブルス
(2012年1月5日付)
51位/混合ダブルス
(2010年12月2日付)
  • 垣岩令佳
  • 垣岩令佳
  • 垣岩令佳

幼少時代
3歳上の姉の影響で、幼稚園の頃からバドミントンを始める。滋賀の強豪・坂本スポーツ少年団に所属。

小学時代
当時の坂本スポーツ少年団には、垣岩の上の世代に多谷郁恵、早川由希子、数野健太、早川賢一ら全国大会で活躍した選手が多く在籍しており、そのなかで週5回の練習に通っていた。「家に帰ってもテレビを観ながら腹筋をやっていましたね。姉や野球をやっていた兄を見て、そういうのが普通だと思っていたし、父も体を動かすのが好きだったから、一緒にランニングなどをしていました」(本人)

中学時代
全国中学校大会で団体優勝の実績がある地元の日吉中に入学。中2のときにオスグット病で手術を受けたが、辛抱強くリハビリを行ない、中3では全中の団体・シングルスに出場。見事団体とシングルスで優勝を果たし2冠を達成。

高校時代
全国上位の常連・青森山田高に進学。高1の東北大会団体戦で、のちにロンドン五輪で銀メダルを獲得することになる藤井瑞希(1学年上)とペアを組むことに。藤井とのペアでインターハイ団体優勝に貢献すると、高校選抜ではダブルスを制覇。高2のインターハイでも藤井とのペアで優勝した。「高校時代の垣岩は非常にモチベーションが高く、どんな練習でも手を抜かない。妥協しない。集中力が落ちない。そんな選手でした。当時から藤井とオリンピックを意識していたのでしょう。私もオリンピックは夢じゃないと思っていました」(藤田真人監督)

■バドミントン・マガジン
2012年7月号「恩師の記憶」より
2011年4月号「court cruising」より

関連ニュース