バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【日本RC】男子ダブルスは古賀&齋藤が2連覇達成!<混合・男女ダブルス決勝>

【日本RC】男子ダブルスは古賀&齋藤が2連覇達成!<混合・男女ダブルス決勝>

26日から埼玉県さいたま市のサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で開催された『2018年日本ランキングサーキット大会』。30日(水)は大会5日目、各種目決勝が行なわれた。ここでは、男女ダブルス、混合ダブルス決勝のダイジェストを紹介しよう。

【男子ダブルス】

昨年に続く優勝を果たした古賀輝(右)/齋藤太一(NTT東日本)
昨年に続く優勝を果たした古賀輝(右)/齋藤太一(NTT東日本)

男子ダブルス決勝は、昨年優勝の古賀輝/齋藤太一と、星野翔平/西川裕次郎による「NTT東日本対決」。実力に勝る古賀/齋藤が2−0で勝利した。

速いローテーションで攻め続けるスタイルの古賀/齋藤は、序盤からラリーを支配。後衛からスマッシュ→リターンに飛びつきスマッシュという連続攻撃で勢いよく得点を重ね、第1ゲームを21−12で奪った。星野/西川もレシーブでねばり、第2ゲームは前に詰める動きで食らいついたが、相手を追い詰めるには至らず。社会人1年目のサウスポー・西川のスマッシュも前日までのキレがなく、古賀/齋藤の重心の低いレシーブに跳ね返された。最後は、古賀がスマッシュ→齋藤が飛びついてスマッシュという形が決まって21−15。古賀/齋藤が自分たちの持ち味を存分に発揮して、連覇を達成した。

ペアとして初めて挑む大会で準優勝を果たした星野翔平(右)/ 西川裕次郎(NTT東日本)
ペアとして初めて挑む大会で準優勝という好成績を残した星野翔平(右)/西川裕次郎(NTT東日本)
同チーム対決を制した古賀(左)/齋藤。「ナショナルとしてのプレッシャーがあったので、勝ててホッとしています」(古賀)
同チーム対決を制した古賀(左)/齋藤。「ナショナルとしてのプレッシャーがあったので、勝ててホッとしています」(古賀)

◆試合結果

古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)②〔21-12、21-15〕0●星野翔平/西川裕次郎(NTT東日本)

【女子ダブルス】

決勝は2-0のストレート勝ちで優勝を決めた栗原文音(左)/篠谷菜留
決勝は2-0のストレート勝ちで優勝を決めた栗原文音(左)/篠谷菜留(日本ユニシス)

準々決勝、準決勝では、若いペアにファイナルゲームで勝利した栗原文音/篠谷菜留(日本ユニシス)。社会人4年目、優勝という結果がほしい川島里羅/尾﨑沙織(NTT東日本)の挑戦を、2−0で退けた。

序盤から栗原/篠谷の攻撃が冴えて7−2とリード。緊張からか動きが硬い川島/尾﨑を圧倒する。しかし、ここから取り返せるのが川島/尾﨑の大きな成長。レベルアップしたレシーブ力、攻撃力を発揮して8−8で追いつき、接戦に持ち込んだ。対する栗原/篠谷も引かず、最後は栗原がライン際にスマッシュを打ち込み、21−19で第1ゲームを先取した。第2ゲームも栗原/篠谷が先制し、川島/尾﨑が追いつく展開。栗原/篠谷は中盤以降、相手後衛の川島を振り回して得点を重ね、21−15でゲームオーバー。尾﨑のロブがバックラインを割るのを見送った篠谷は、「ヨーシ!」と叫んでガッツポーズ。経験値の高い栗原/篠谷が2−0で勝ち、タイトルを手にした。

国内大会初タイトルにあと一歩届かなかった川島里羅(左)/尾﨑沙織(NTT東日本)。「初めての決勝で緊張があり、硬くなってしまった」二人
川島里羅(左)/尾﨑沙織(NTT東日本)はあと一歩優勝に届かず。「初めての決勝で緊張があり、硬くなってしまった」と、二人は悔しさをにじませた
ペアとして初タイトルを獲得した栗原(右)/篠谷(日本ユニシス)。「ミックスが本業なので、ノープレッシャーでリラックスしてやれたのがよかった」と栗原
ペアとして初タイトルを獲得した栗原(右)/篠谷。「ミックスが本業なので、ノープレッシャーでリラックスしてやれたのがよかった」と栗原

◆試合結果

栗原文音/篠谷菜留(日本ユニシス)②〔21-19、21-15〕0●川島里羅/尾﨑沙織(NTT東日本)

【混合ダブルス】

A代表同士の保木卓朗(前)/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)が頂点に立った
A代表同士の保木卓朗(前)/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)が頂点に立った

男女ダブルスA代表同士の保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)と、混合ダブルスB代表の三橋健也/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)の対戦は、A代表の保木/永原が実力を発揮。貫禄のストレート勝利を収めた。

保木/永原は序盤から、先に前を取って相手を追い詰め、余裕のある状態でスマッシュを打ち込む形が機能。エースショットで次々と得点を奪い、第1ゲームを21−12で先取した。第2ゲームも、昨年9月のジャパンオープン準優勝の実績を持つ保木の組み立てと、永原の前衛が冴え渡り、常にリードを保つ展開に。対する三橋/篠谷も気持ちを前面に出して攻め、13−19から3連続得点。さらに、マッチポイントを握られた16−20、三橋のサービスリターンがエースとなり、17−20と食らいつく。しかし、直後のラリー、保木がセンターからバック奥にさばいた低いロブを、三橋がアウトと見送ったのがミスジャッジ。最後まで落ち着いてプレーした保木/永原が、初出場初優勝を果たした。

準優勝の三橋健也(右)/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)。ミックス専門の日本代表として結果を残したい二人だったが、「決勝は気持ちで引いてしまった」(篠谷)
今大会はそれぞれミックスに専念し、結果を残した保木(左)/永原(トナミ運輸/北都銀行)。「お互いA代表というプライドもあったので、優勝できてうれしい」と永原
今大会はそれぞれミックスのみにエントリーし、結果を残した保木(左)/永原。「お互いA代表というプライドもあったので、優勝できてうれしい」と永原

◆試合結果

保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)②〔21-12、21-17〕0●三橋健也/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)

 

取材・文/平田美穂、バドミントン・マガジン編集部
写真/井出秀人


投稿日:2018/05/30


閉じる