バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【日本RC】川島&尾﨑が第1シードにストレート勝ち!<混合・男女ダブルス>

【日本RC】川島&尾﨑が第1シードにストレート勝ち!<混合・男女ダブルス>

26日から埼玉県さいたま市のサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で開催中の『2018年日本ランキングサーキット大会』。29日(火)は大会4日目、各種目準決勝が行なわれた。ここでは、混合ダブルス・男女ダブルス準決勝のダイジェストを紹介しよう。

【女子ダブルス】

決勝進出を決めた川島里羅(左)/尾﨑沙織(NTT東日本)
強敵を破り、初の決勝進出を決めた川島里羅(左)/尾﨑沙織(NTT東日本)

社会人4年目の川島里羅/尾﨑沙織(NTT東日本)が、国際大会2週連続優勝と波に乗る第1シード・櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)にストレート勝利を収めた。サウスポー・櫻本のパワーと髙畑のスピードを生かした攻撃を、川島/尾﨑は力強いレシーブで跳ね返して逆襲。厳しいコースに押し込み、時には柔らかく沈め、次々とラリーを制した。接戦の第1ゲームを22−20で奪うと、第2ゲームも気持ちを前面に出して21−14。最後は川島が相手サービスをプッシュし、上がってきた球を尾崎がスマッシュ。長身の川島が後ろから打つのが基本のスタイルだが、前衛が巧みな尾﨑が後ろで打ち続ける形も目立つ今大会。ペアとして大きな成長を感じさせながら、二人の出身地・埼玉で、国内での社会人初タイトルをめざす。

日本ユニシス対決となったもう1試合、栗原文音/篠谷菜留vs東野有紗/中西貴映は、先輩ペアの栗原/篠谷が2−1で勝利。1時間を超える激しい試合を戦い抜く心技体の強さを、後輩に見せつけた。

決勝進出を果たした栗原文音(左)/篠谷菜留(日本ユニシス)
決勝進出を果たした栗原文音(左)/篠谷菜留(日本ユニシス)

◆試合結果

川島里羅/尾﨑沙織(NTT東日本)②〔22-20、21-14〕0●櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)
栗原文音/篠谷菜留(日本ユニシス)②〔16-21、21-10、21-14〕1●東野有紗/中西貴映(日本ユニシス)

◆30日・決勝の組み合わせ

川島里羅/尾﨑沙織(NTT東日本)−栗原文音/篠谷菜留(日本ユニシス)

【男子ダブルス】

 

ストレート勝ちで決勝進出を決めた古賀輝(左)/齋藤太一(NTT東日本)
ストレート勝ちで決勝進出を決めた古賀輝(左)/齋藤太一(NTT東日本)

連覇をめざす古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)は、全日本総合ベスト8の浦井唯行/三浦昂(丸杉)にストレート勝ち。浦井/三浦の角度あるスマッシュに苦しめられたが、二人がめまぐるしく入れ替わる速いローテーションを貫き、前へ前へ。古賀のトリッキーなプレーでスタンドを沸かせながら、2年連続で決勝進出を決めた。

4月の大阪国際を制したベテラン・橋本博且/佐伯祐行(福井県スポーツ協会)に挑んだのは、NTT東日本の新鋭・星野翔平/西川裕次郎。熟練のレシーブと仕掛けが光るベテランに対しても気合十分。最初から最後まで声を出して気持ちを上げ、ひるまず攻め続けた。競り合いとなった第2ゲームは、追いつかれての20−20から26−24で決着。先手を取って攻め込み、最後は佐伯のボディにプッシュを打ち込んだ。

男子ダブルス決勝は、昨年の覇者・古賀/齋藤と、社会人大会初優勝をめざす星野/西川による同チーム対決。NTT東日本は女子シングルスでも2選手が決勝進出を決めており、2種目での優勝、準優勝が確定している。

星野翔平(左)/西川裕次郎(NTT東日本)
気迫あふれるプレーで強敵を倒した星野翔平(左)/西川裕次郎(NTT東日本)

◆試合結果

星野翔平/西川裕次郎(NTT東日本)②〔21-15、26-24〕0●橋本博且/佐伯祐行(福井県スポーツ協会)
古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)②〔21-16、21-17〕0●浦井唯行/三浦昂(丸杉)

◆30日・決勝の組み合わせ

星野翔平/西川裕次郎(NTT東日本)−古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)

【混合ダブルス】

準決勝は快勝した三橋健也(右)/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)
準決勝は快勝した三橋健也(右)/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)

前日の準々決勝で、ナショナルB代表対決を制した三橋健也/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)。準決勝では、ともに男女ダブルスでもベスト4に勝ち残っている西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)と対戦した。三橋/篠谷は序盤からリードを保ち、第1ゲームは21−13で先取。第2ゲームは西川/尾﨑が攻撃力全開。西川が左腕から鋭いクロススマッシュを打ちまくり、一時は8−2とリードを広げた。三橋/篠谷は慌てず、三橋が後ろから確実に球を沈めて、篠谷が前で仕留める形を作り、インターバル前に追いついて11−10。しっかりラリーを組み立てながら得点を重ね、第2ゲームは21−12でストレート勝利。大会初戦は苦しんだが、試合を重ねるごとに完成度を高めている。

男女ダブルスA代表同士の保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)と、山下恭平/東野有紗(日本体育大/日本ユニシス)の対戦も2−0での決着。接戦の第1ゲームを19本で奪った保木/永原が、第2ゲームを14本で連取した。大学生の山下と、混合ダブルスA代表の東野によるパワフルな攻撃は見応えがあったが、昨年9月のジャパンオープン準優勝の実績を持つ保木が、うまくスピードをコントロールしながらラリーを支配。最後はフォアからクロススマッシュを叩き込み、決勝進出を決めた。

保木卓朗(右)/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)
保木卓朗(右)/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)

◆試合結果

三橋健也/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)②〔21-13、21-12〕0●西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)
保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)②〔21-19、21-14〕0●山下恭平/東野有紗(日本体育大/日本ユニシス)

◆30日・決勝の組み合わせ

三橋健也/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)−保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)

 

30日は各種目の決勝が行なわれる。混合ダブルス、女子シングルス、男子シングルス、女子ダブルス、男子ダブルスの順番で、10時試合開始予定。
取材・文/平田美穂
写真/井出秀人

 


投稿日:2018/05/29


閉じる