バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【大会情報】次なるねらいはアジアの頂点!日本代表内定選手を発表!<アジア大会>

【大会情報】次なるねらいはアジアの頂点!日本代表内定選手を発表!<アジア大会>

6月6日(水)、日本バドミントン協会はインドネシア・ジャカルタで開催される「第18回アジア競技大会」(8月19日〜28日)のバドミントン日本代表・内定選手を発表した。

4年に一度開催されるアジア大会で、バドミントン競技は団体戦と個人戦が実施される。日本からは団体戦メンバーに男女とも10名が内定。また、個人戦に出場する選手・ペアも合わせて発表された。

2014年の韓国・仁川大会では、日本女子が団体戦で銅メダルを獲得したほか、女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀が銀メダルを手中におさめている。1990年代以降では、98年に女子シングルスで米倉加奈子が金メダル、06年には女子団体戦で銀メダルを手に入れるなど、アジアの強豪が集う中で好成績をおさめている。

今回のアジア大会に内定した代表選手は、5月にタイ・バンコクで開催されたユーバー杯優勝、トマス杯準優勝メンバーらの名前が多くあがっており、アジア大会でのメダルラッシュに期待がかかる。内定した日本代表選手は以下の通り。

【男子団体】

桃田賢斗、西本拳太、坂井一将、常山幹太

園田啓悟/嘉村健士、井上拓斗/金子祐樹

保木卓朗、渡辺勇大

【女子団体】

山口 茜、奥原希望、佐藤冴香、大堀 彩

髙橋礼華/松友美佐紀、福島由紀/廣田彩花

米元小春、東野有紗

【個人戦】

▼男子シングルス

桃田賢斗、西本拳太

▼男子ダブルス

園田啓悟/嘉村健士、井上拓斗/金子祐樹

▼女子シングルス

山口 茜、奥原希望

▼女子ダブルス

髙橋礼華/松友美佐紀、福島由紀/廣田彩花

▼混合ダブルス

渡辺勇大/東野有紗、保木卓朗/米元小春

監督:朴柱奉

コーチ:中島慶、リオニー・マイナキー、崔相範、中西洋介、ジェレミー・ガン

トレーナー:竹下ひとみ

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/06/06
■関連キーワード

      



閉じる