バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super300】日本勢は3種目でベスト4入り!<オーストラリアOP>

【Super300】日本勢は3種目でベスト4入り!<オーストラリアOP>

5月11日に開催されたBWFワールドツアー・オーストラリアOP(Super300/シドニー)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

女子シングルスは三谷美菜津、峰歩美がそれぞれ2−0のストレートで勝利を飾りベスト4入りを決めた。準決勝は二人の直接対決となる。女子ダブルスも第1シードの新玉美郷/渡邉あかねと、前週のニュージーランドOPを制した櫻本絢子/髙畑祐紀子がベスト4入りを果たしている。

2組が勝ち残った男子ダブルスは、竹内義憲/松居圭一郎が韓国ペアを下して準決勝に勝ち進んだが、塚本好喜/高野将斗はインドネシアの第1シードペアに敗れてベスト8止まりとなった。

準々決勝の結果は以下の通り。

【女子シングルス】

三谷美菜津②〔21−14、21−13〕0●ユリア・ヨセフィン・スサント(インドネシア)34

峰歩美②〔21−15、21−13〕0●韓悦(中国)47分

仲井由希乃●1〔21−11、14−21、15−21〕②張雁宜(香港)62分

【男子ダブルス】

塚本好喜/高野将斗●0〔10−21、18−21〕②アングリアワン/ハルディアント(インドネシア)30分

竹内義憲/松居圭一郎②〔19−21、21−14、22−20〕1●カン・ミンヒュク/キム・ウォンホ(韓国)56分

【女子ダブルス】

加藤美幸/柏原みき●0〔17−21、12−21〕②チェ・ユジュン/キム・ヘジョン(韓国)42分

新玉美郷/渡邉あかね②〔21−15、21−13〕0●バーカー/プトゥリサリ(インドネシア)31分

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔21−13、21−13〕0●パク/ラハルジャ(オーストラリア)34分

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/05/12
■関連キーワード