バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【ト杯ユ杯】「全勝してチームに貢献したい(桃田)」<記者会見>

【ト杯ユ杯】「全勝してチームに貢献したい(桃田)」<記者会見>

ト杯ユ杯記者発表

5月20日からタイ・バンコクで開催される世界国・地域別対抗戦「トマス杯・ユーバー杯」に先立ち、同大会の日本代表選手発表とバドミントン日本代表の2018年度オフィシャルスポンサーおよび新ユニフォーム発表の記者会見が、5月10日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行なわれた。

ここでは、トマス杯に臨む選手の意気込みを紹介しよう。

【男子代表】

主将:嘉村健士「自分たちは低空戦が持ち味なので、その低空戦でチームに勢いをつけられるようなプレーをして、またキャプテンとしてもチームを引っ張っていけるように頑張りたいと思います」

西本拳太「自分の持ち味であるねばり強い試合をして、優勝に貢献できるように頑張ります。応援よろしくおお願いします」

坂井一将「自分の攻撃を見てもらいたいです。優勝に貢献できるように頑張ります」

常山幹太「しっかりと自分のプレーを出し切れるように、優勝目指して頑張ります」

桃田賢斗「今回の目標は優勝。多分、第1シングルスで出ると思うので、全勝してチームに貢献したいと思います」

遠藤大由「またメダルがかけられるように、みんなで頑張っていきたいと思います」

渡辺勇大「最後まで諦めず、一生懸命プレーしたいと思います」

園田啓悟「目標は、このメンバーで優勝すること。ペアとしては低空戦などガッツあふれるプレーを見ていただきたいです」

井上拓斗「目標は優勝です。ペアとしては10年以上組んでいるので、そのコンビネーションを見ていただけたら」

金子祐樹「トマス杯は初めてなので、個人戦とはまた違った緊張感があると思いますが、自分の力を出しきれるように頑張りたいと思います」

取材・構成/田辺由紀子

写真/菅原淳

動画撮影・編集/熊谷修治


投稿日:2018/05/11