バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super300】西本、山口、奥原らがベスト4に進出!

【Super300】西本、山口、奥原らがベスト4に進出!

3月9日に開催されたBWFワールドツアー・ドイツOP(Super300/ミュールハイム・アン・デア・ルール)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

日本は男子シングルスの西本拳太が、インドネシアの若きエース・ジョナタン・クリスティを2−0で撃破。準決勝に勝ち進んだ。桃田賢斗は台湾の周天成(チョウ・ティェンチェン)とファイナル勝負を演じたが、最後は10-21で振り切られて上位進出はならなかった。

女子シングルスは山口茜、奥原希望が白星をつかんでベスト4入りを決めたほか、女子ダブルスは福島由紀/廣田彩花がデンマークペアを下して勝ち残っている。男子ダブルスは井上拓斗/金子祐樹が台湾ペアを2−0のストレートで下してベスト4に進出した。

準々決勝の結果、準決勝の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

西本拳太②〔21−10、22−20〕0●ジョナタン・クリスティ(インドネシア)47分

周天成(台湾)②〔21−15、14−21、21−10〕1●桃田賢斗65分

伍家朗(香港)②〔21−16、22−20〕0●林丹(中国)47分

石宇奇(中国)②〔21−17、18−21、21−18〕1●アンソニー・ギンティン(インドネシア)67分

▼準決勝

西本拳太 − 周天成(台湾)

石宇奇(中国) − 伍家朗(香港)

【女子シングルス】

山口茜②〔21−17、21−13〕0●ベイウェン・ツァン(アメリカ)32分

奥原希望②〔18−21、21−16、21−11〕1●川上紗恵奈50分

陳雨菲(中国)②〔21−13、21−16〕0●江美慧(台湾)32分

ニチャオン・ジンタポル(タイ)②〔21−12、21−17〕0●成池鉉(韓国)43分

▼準決勝

陳雨菲(中国) − ニチャオン・ジンタポル(タイ)

山口茜 − 奥原希望

【男子ダブルス】

井上拓斗/金子祐樹②〔21−19、21−19〕0●廖敏竣/蘇敬恒(台湾)37分

セティアワン/アッサン(インドネシア)②〔21−13、22−20〕0●李洋/李哲輝(台湾)30分

アルディアント/アルフィアン(インドネシア)②〔21−16、21−16〕0●徐承宰/金元昊(韓国)34

ゴーVS/タンWK(マレーシア)○〔21−19、13−7、キケン〕0●ピーターセン/コールディング(デンマーク)28分

▼準決勝

井上拓斗/金子祐樹 − ゴーVS/タンWK(マレーシア)

アルディアント/アルフィアン(インドネシア) − セティアワン/アッサン(インドネシア)

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花②〔21−11、21−14〕0●フォウガード/トゥーグセン(デンマーク)45分

張藝娜/金慧麟(韓国)②〔21−19、21−13〕0●陳清晨/賈一凡(中国)47分

黄東萍/鄭雨(中国)②〔21−19、21−12〕0●鄭景銀/蔡侑玎(韓国)45分

G・ストエヴァ/S・ストエヴァ(ブルガリア)②〔21−11、21−9〕0●ジョンコパン/ラウィンダ(タイ)35分

▼準決勝

福島由紀/廣田彩花 − G・ストエワ/S・ストエワ(ブルガリア)

張藝娜/金慧麟(韓国) − 黄東萍/鄭雨(中国)

【混合ダブルス】

ノーア/トゥーグセン(デンマーク)②〔17−21、24−22、21−16〕1●ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)60分

何濟庭/杜玥(中国)②〔21−13、21−10〕0●ティン/パチャラプン(タイ)28分

催率圭/蔡侑玎(韓国)②〔21−13、21−15〕0●エリス/スミス(イングランド)40分

ゴーSH/ライSJ(マレーシア)②〔21−14、18−21、23−21〕1●デチャポル/サプシリー(タイ)70分

▼準決勝

ゴーSH/ライSJ(マレーシア) − 催率圭/蔡侑玎(韓国)

何濟庭/杜玥(中国) − ノーア/トゥーグセン(デンマーク)

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/03/10
■関連キーワード



閉じる