バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【ト杯ユ杯】大陸別団体選手権の優勝国が決定!

【ト杯ユ杯】大陸別団体選手権の優勝国が決定!

2月上旬から中旬にかけて、5月に開催されるトマス杯・ユーバー杯2018(タイ・バンコク)の予選を兼ねた、大陸別団体選手権が各地で開催された。各大会で上位に入った国・地域には、ト杯・ユ杯の出場資格が与えられる。

ここでは大陸別団体の上位結果を紹介しよう(太字は国・地域はト杯・ユ杯の出場権を獲得)。

アジア団体選手権(2月6日〜11日/マレーシア)

▼男子

優勝:インドネシア

準優勝:中国

3位:マレーシア

3位:韓国

ベスト8:インド、香港、タイ、日本

※15チームが参加。上位4チームがト杯の出場権を獲得

アジア団体選手権
優勝を果たしたインドネシア男子チーム

▼女子

優勝:日本

準優勝:中国

3位:インドネシア

3位:韓国

ベスト8:台湾、インド、タイ、マレーシア

※13チームが参加。上位4チームがユ杯の出場権を獲得

アジア団体
初優勝を達成した日本女子チーム

ヨーロッパ団体選手権(2月13日〜18日/ロシア)

▼男子

優勝:デンマーク

準優勝:イングランド

3位:フランス

3位:ドイツ

ベスト8:フィンランド、チェコ、ロシア、ポーランド

※29チームが参加。上位4チームがト杯の出場権を獲得

ヨーロッパ団体選手権
連覇を果たしたデンマーク男子。この大会にはケガから復帰したヤン・O・ヨルゲンセンが出場

▼女子

優勝:デンマーク

準優勝:ドイツ

3位:ロシア

3位:スペイン

ベスト8:イングランド、ブルガリア、フランス、トルコ

※24チームが参加。上位4チームがユ杯の出場権を獲得

パン・アメリカ団体選手権(2月15日〜18日/トリニダード・トバゴ)

▼男子

優勝:カナダ

準優勝:アメリカ

3位:ジャマイカ

3位:ペルー

※7チームが参加。カナダがト杯の出場権を獲得

▼女子

優勝:カナダ

準優勝:アメリカ

3位:グアテマラ

3位:ペルー

※6チームが参加。カナダがユ杯の出場権を獲得

アフリカ団体選手権(2月12日〜15日/アルジェリア)

▼男子

優勝:アルジェリア

準優勝:ナイジェリア

3位:ガーナ

3位:モーリシャス

ベスト8:ザンビア、カメルーン、エジプト、モロッコ

※12チーム参加。アルジェリアがト杯の出場権を獲得

▼女子

優勝:ナイジェリア

準優勝:モーリシャス

3位:アルジェリア

3位:エジプト

※8チーム参加。ナイジェリアがユ杯の出場権を獲得

オセアニア団体選手権(2月6日〜7日/ニュージーランド)

▼男子

優勝:オーストラリア

準優勝:ニュージーランド

※4チームが参加。オーストラリアがト杯の出場権を獲得

▼女子

優勝:オーストラリア

準優勝:ニュージーランド

※4チームが参加。オーストラリアがユ杯の出場権を獲得

 

トマス杯&ユーバー杯の出場資格について/本戦出場(16カ国)は、開催国(タイ)、前回優勝国(男子:デンマーク、女子:中国)、そして大陸別予選上位国(男女ともにアジア4、欧州4、アフリカ1、パン・アメリカ1、オセアニア1)に加えて、世界ランキングの合計ポイント(シングルス上位3選手、ダブルス上位2選手)の上位3カ国にも出場権が与えられる(出場権を獲得した国・地域は除く)。ここでの世界ランキングは、2月第4週(2月22日)のポイントが反映される。

【訂正とお詫び】

トマス杯・ユーバー杯の出場資格について、大陸別予選上位国以外の資格者は3月第1週の世界ランキングのポイントが反映されるとしましたが、2月第4週(2月22日)の世界ランキングです。お詫びして訂正いたします。

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO、Getty Images


投稿日:2018/02/19


閉じる