バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【S/Jリーグ】北都銀行が白星奪取も優勝戦線に残れず…<女子>

【S/Jリーグ】北都銀行が白星奪取も優勝戦線に残れず…<女子>

バドミントンの最高峰リーグ「S/Jリーグ2017」は、2月3日に大会最終節となる東京大会を墨田区総合体育館で開催した。3、4日の2日間で行なわれる大会の初日は、男女ともに2試合で熱戦を繰り広げた。ここでは女子のダイジェストをお伝えしよう。

 ◆女子順位

S/Jリーグ2017
2月3日時点

4勝1敗同士の対戦となった北都銀行とヨネックスの一戦。初優勝をねらう北都銀行は、この勝負を3−0のストレート、かつすべての試合を2−0で勝利すれば優勝争いに食い込むことができる。

S/Jリーグ2017
第1ダブルスを制した福万尚子/與猶くるみ(左)

なんとしても勝利をつかみたい北都銀行だったが、その前に立ちはだかったのはヨネックスの第1ダブルス・福万尚子/與猶くるみだった。北都は米元小春/田中志穂のスーパーシリーズファイナル優勝ペアで勝利を奪いにいったが、第1ゲームを制したのは福万/與猶。さらに第2ゲームもヨネックスペアが21-18で米元/田中を抑え、貴重な先制ポイントをつかんだ。

この時点で優勝が遠のいた北都銀行だったが、シングルスでは今年初のA代表に選出された川上紗恵奈が、ヨネックスの佐藤冴香をファイナル勝負の末に下して1−1のイーブンに戻す。すると、第2ダブルスはこちらもA代表に初選出された松本麻佑/永原和可那が、ヨネックスの櫻本絢子/髙畑祐紀子との激戦を2−1で勝利。北都銀行が5勝目をつかみ、ヨネックスは2敗目を喫した。

S/Jリーグ2017
ヨネックスのエースを2−1で退けた川上紗恵奈
S/Jリーグ2017
第2ダブルスの接戦を制した松本麻佑(右)/永原和可那

北都銀行・佐々木翔監督

「今日はやっと川上らしいプレーをしてくれました。このところ負けが続いたのは、A代表のプレッシャーもあったでしょうが、一週間で立て直してくれました。ヨネタナが負けた時点で優勝はなくなりましたが、彼女たちは先日(秋田の)県民栄誉賞を受けたこともあり、いろいろなことを背負って気持ちの整理がなかなかつかない。秋田大会に出られなかったので、なんとか貢献したいという思いも空回りしたでしょう。全力を尽くせば、順位はどこでも受け入れられます。ただ優勝するには、まだ粗削りかもしれません」

▼結果

北都銀行(5勝1敗)2−1 ヨネックス(4勝2敗)

米元小春/田中志穂●0〔17−21、18−21〕②福万尚子/與猶くるみ

川上紗恵奈②〔21−11、17−21、21−13〕1●佐藤冴香

松本麻佑/永原和可那②〔21−19、17−21、21−18〕1●櫻本絢子/髙畑祐紀子

NTT東日本が3−0で4勝目をゲット! 

Aクラス入りに向けて白星をつかみたいNTT東日本と、下位争いから抜け出したい山陰合同銀行が対決。第1ダブルスを奪ったのはNTT東日本の尾﨑沙織/川島里羅だ。経験豊富な山陰合同銀行の久後あすみ/横山めぐみを、21-18、21-19のストレートで下し先制ポイントをあげた。

S/Jリーグ2017
尾﨑沙織/川島里羅(右)が第1ダブルスを制してチームに勢いをつけた

このまま連勝したいNTT東日本は、シングルスに三谷美菜津が登場。ねばり強さが持ち味の合銀・漆﨑真子と接戦を演じながらも、ファイナルゲーム21-19で制しチームの勝利を確定させた。続く、第2ダブルスもNTT東日本の橋本由衣/渡邉あかねが2−0のストレートで快勝。NTT東日本が3−0で山陰合同銀行を封じ、白星をつかんだ。

S/Jリーグ2017
接戦をモノにした三谷美菜津
S/Jリーグ2017
ファイナル19-21で惜敗した漆崎真子

NTT東日本・松尾監督

「シングルスの三谷は、ファイナル終盤にリードされる負けパターンを、よく断ち切ってくれました。川島(/尾崎)ペアも、去年負けている相手にリベンジしたのは収穫です。今日で3勝3敗ですが、 なんとか踏みとどまっているという感じですね。新玉(美郷)がケガをしたあと、シングルスプレーヤーの橋本がダブルスの練習をし、よく頑張ってくれました。功労者です。監督としてS/Jリーグは二回目ですが、長丁場なのでやはり体調の維持がむずかしいですね」

▼結果

NTT東日本(3勝3敗)3−0 山陰合同銀行(1勝5敗)

尾﨑沙織/川島里羅②〔21−18、21−19〕0●久後あすみ/横山めぐみ

三谷美菜津②〔21−6、17−21、21−19〕1●漆﨑真子

橋本由衣/渡邉あかね②〔21−7、21−10〕0●山田真央/横山恵里香

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳、福地和男


投稿日:2018/02/04
■関連キーワード