バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【SSF】山口茜が準決勝へ! チョンウェイ、アクセルセンも予選突破!<シングルス>

【SSF】山口茜が準決勝へ! チョンウェイ、アクセルセンも予選突破!<シングルス>

12月15日に開催されたスーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)3日目は、各種目の予選リーグ最終戦が行なわれた。ここでは男女シングルスの結果を紹介しよう。

 【男子シングルス】

SSファイナル

諶龍(中国)の棄権により3人で争うグループA。予選第3戦は孫完虎(韓国)とリー・チョンウェイ(上写真/マレーシア)が戦い、孫完虎が2−1で勝利。これにより、伍家朗(香港)を含む3選手が1勝1敗で並んだものの、チョンウェイ、孫完虎が決勝トーナメント進出を決めている。

 

SSファイナル
孫完虎(韓国)

▼グループA・第3戦

孫完虎(韓国)②〔13−21、22−20、21−15〕1●リー・チョンウェイ(マレーシア)75分

◆最終順位

1位 リー・チョンウェイ(1勝1敗)

2位 孫完虎(1勝1敗)

3位 伍家朗(1勝1敗)

棄権 諶龍(中国)

SSファイナル

グループBは、石宇奇(中国)が3連勝を飾り予選1位通過を決めた。最終戦は今回不調に終わったスリカンス・キダムビ(インド)と対戦した石宇奇だったが、ここもファイナル勝負21-14で抑えて勝利。同僚の諶龍が棄権するなか、中国代表として意地の決勝トーナメント進出を決めている。

もう一つの準決勝進出者は、16年覇者のビクター・アクセルセン(上写真/デンマーク)。周天成(台湾)と1勝1敗同士の対決となったが、1−1で迎えたファイナルゲームを21-15で制してみせた。

▼グループB・第3戦

石宇奇(中国)②〔21−17、19−21、21−14〕1●スリカンス・キダムビ(インド)67分

ビクター・アクセルセン(デンマーク)②〔21−16、14−21、21−15〕1●周天成(台湾)67分

◆最終順位

1位 石宇奇(3勝)

2位 ビクター・アクセルセン(2勝1敗)

3位 周天成(1勝2敗)

4位 スリカンス・キダムビ(3敗)

【女子シングルス】

SSファイナル

グループAは、すでに2勝をあげて決勝トーナメント進出を決めている山口茜(上写真・右)とプサルラ・V.シンドゥ(インド)。その2人が予選最終日で対決した。すると、第1ゲームから攻撃を仕掛けたシンドゥが21-9で勝利すると、第2ゲームも終始主導権を握り21-13。山口を0−2で抑えたシンドゥが、予選首位通過を決めた。

連敗中でなんとか1勝をつかみたい佐藤冴香は、何冰嬌(中国)と対戦。第1ゲーム21-18で先制した佐藤は、続く第2ゲームも序盤からリードを保ち21-16で勝利。意地の1勝をあげた佐藤が1勝2敗で予選リーグを終えている。

SSファイナル
山口茜

▼グループA・第3戦

プサルラ・V.シンドゥ(インド)②〔21−9、21−13〕0●山口茜36分

佐藤冴香②〔21−18、21−16〕0●何冰嬌(中国)32分

◆最終順位

1位 プサルラ・V.シンドゥ(3勝)

2位 山口茜(2勝1敗)

3位 佐藤冴香(1勝2敗)

4位 何冰嬌(3敗)

SSファイナル3選手に決勝トーナメントの可能性が残されていたグループBを勝ち抜いたのは、ラチャノック・インタノン(上写真/タイ)と陳雨菲(中国)。1勝1敗の陳雨菲は2連勝中だったインタノンと対戦したが、第1ゲーム21-18で先制すると、続く第2ゲームは奪われたものの、最終ゲームを21-18で競り勝ち2勝1敗に。戴資穎(台湾)と成池鉉(韓国)の試合は、戴資穎が2−0のストレートで勝利を収め、インタノン、戴資穎、陳雨菲の3選手が2勝1敗で並んだ。しかし、ゲーム率の差でインタノン、そして陳雨菲が上回り準決勝進出を決めている。

▼グループB・第3戦

戴資穎(台湾)②〔21−17、21−11〕0●成池鉉(韓国)33分

陳雨菲(中国)②〔21−18、13−21、21−18〕1●ラチャノック・インタノン(タイ)74分

◆最終順位

1位 ラチャノック・インタノン(2勝1敗)

2位 陳雨菲(2勝1敗)

3位 戴資穎(2勝1敗)

4位 成池鉉(3敗)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2017/12/16
■関連キーワード