バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】「タイトルは絶対に取りたい」(廣田)<準決勝コメント-7>

【全日本総合】「タイトルは絶対に取りたい」(廣田)<準決勝コメント-7>

12月2日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは、注目選手・ペアのコメントを紹介しよう。

【女子ダブルス】

全日本総合福島由紀(右)/廣田彩花

(再春館製薬所)

結果:同じA代表の米元/田中(北都銀行)に2-0で勝利

廣田「自分たちの持ち味の攻撃がどれだけ出せるかが勝負だと思っていました。相手よりも自分が前に出て攻撃する形が多く作れたのが勝因かなと思います。1年間国際大会を回って海外の選手と戦うことで、以前は不安要素があったレシーブからでも攻撃に持っていけるようになってきました。決勝の相手(髙橋/松友)は世界ランキングもずっと1位でしたし、経験値でも上。明日は決勝の舞台を二人で楽しんで、勝ちに向かっていく気持ちでやりたいです。

この大会は小さい頃からずっと憧れていた舞台なので、特別です。タイトルは絶対に取りたいと思っています。去年は(髙橋/松友に)準決勝で負けてすごく悔しかったので、次こそはと思って1年間やってきました。優勝と思いすぎてもダメだと思うのですが、強い気持ちを持って臨みたい。タカマツペアに勝てば観客の皆さんやファンの皆さんに自分たちの名前も覚えてもらえるかなと思うので、楽しみながらも闘争心を燃やしていきたいです」

福島「気持ちを前に出して、プレーも二人でどんどん前にいくことができました。それに対して相手が引いてくれたのがラッキーだったなと思います。1ゲーム目も2ゲーム目も自分たちが早い段階で前にいったり攻めたりできたところが、相手に少しプレッシャーを与えられたかなと。明日の決勝も早い段階で攻撃の形に持っていきたいですが、相手もそういう形が得意なので、相手が前に来たときに自分たちが引かずに、どう対処していくかがカギになってくる。逆に、自分たちが球を沈められれば(勝つ)チャンスはあると思います。タカマツペアには去年準決勝で負けているので、今年決勝で戦えるというのは楽しみでもありますし、次は勝ちたいという気持ちがすごく強いです。長い試合になると思いますが、今年は勝って喜びたいです」

【男子ダブルス】全日本総合

遠藤大由(左)/渡辺勇大

(日本ユニシス)

 結果:大会2連覇中の園田/嘉村(トナミ運輸)を2-0で破って、決勝進出

 遠藤「決勝進出は純粋にうれしいです。1回戦よりは昨日のほうが、昨日よりは今日のほうがいい出来で、徐々に上がっている感じはありますね。コンビネーションも噛み合いながら、いい方向に向かっている感じがします。

勝因としては、まずレシーブがよかったこと。あとは、実力的には相手のほうが数段上ですけど、僕たちは(11月の)中国OPが終わって帰国し、この大会に向けて調整できました。でも相手はそのあとの香港OPにも出場して、帰国してすぐにこの大会だったので、そういったこともうまく作用して、自分たちが勝てたんじゃないかなと思います」

渡辺「いい具合に力が抜けて、力むことなくプレーできました。相手がプレッシャーを感じていたり、連戦の疲れなどもあって、助けられた試合だったかなと思います。最初から最後まで、ラリーのスピードもそうですけど、ラリー間なども相手のリズムに乗らせないようにできたのがよかったです。

(決勝進出について)ここまで来られるとは思っていなくて、大会前も自分の力を100%出しきる大会にしようと思っていました。明日も自分の力を出しきれるように、最後まであきらめずにプレーしたいです」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人


投稿日:2017/12/03
■関連キーワード