バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【愛媛国体】熊本が九州対決を制し19年ぶりの優勝!<少年男子>

【愛媛国体】熊本が九州対決を制し19年ぶりの優勝!<少年男子>

愛媛県砥部町で開催された『第72回国民体育大会』は10月9日、大会最終日を迎えて成年男女、少年男女の各種目決勝戦が行なわれた。ここでは少年男子部のダイジェストをお届けしよう。

 【男子】愛媛国体

熊本と宮崎の九州対決となった少年の部・男子決勝。ダブルスでは、熊本の田中/森田が長峰/岩切を相手に第1ゲーム17本で奪うと、第2ゲームはねばる長峰/岩切を19本で振り切って熊本が先勝した。第1シングルスは、今年のインターハイ8強の熊本・小本大佑が登場し、第1ゲームを16本で奪う。第2ゲームに入ると、小川翔悟も意地を見せて終盤までリードをしてみせたが、追いついた小本が23-21で逆転勝ちを収め、熊本が19年ぶりの歓喜に湧いた。

田中(左)/森田
田中(左)/森田
長峰(右)/岩切
長峰(右)/岩切

◎優勝監督コメント

熊本・権藤浩二監督

「私としては、あまり優勝を意識してはいませんでした。選手たちが1戦1戦いい試合をしてくれればと思っていたんです。それで結果が優勝であれば最高ですし、高校生としての試合も最後なので、しっかりいい試合をしてくれればというのが一番でしたね。今回はとくに誰がエースというわけではありません。3人がよく噛み合ってくれたと思います」

【少年男子】

▼決勝

熊本 2−0 宮崎

田中/森田②〔21−17、21−19〕0●長峰/岩切

小本大佑②〔21−16、23−21〕0●小川翔悟

※熊本は19年ぶり6度目の優勝

▼3位決定戦

長崎 2−0 岡山

村本/辻②〔21−10、21−19〕0●一井/藤井

村本竜馬②〔21-19、18-21、21-17〕1●一井亮太

▼準決勝

宮崎 2−0 岡山

熊本 2−0 長崎

▼準々決勝

宮崎 2−0 大阪

岡山 2−0 滋賀

熊本 2−0 北海道

長崎 2−0 兵庫

 

取材・文/吉井信行


投稿日:2017/10/09
■関連キーワード