バトミントンTOPバド情報グッズ ≫ コアのバランスを整えて「美しく」パフォーマンスアップ!~「STB」試着会レポート~

コアのバランスを整えて「美しく」パフォーマンスアップ!~「STB」試着会レポート~

国内外で活躍するトップ選手はもちろん、最近ではシニアや高校生プレーヤーの間でもアンダーウェアを着用する選手が増えている。なかでも、ソノカムペア(園田啓悟&嘉村健士)も着用するなどとくに人気なのが、ヨネックスの高機能アンダーウェア『STB』だ。先日、ラケットショップフジが主催するこのSTBの試着会が行なわれた。試着するだけでなく、実際にプレーして機能を体感するというイベント。バドマガ取材陣が、参加者のナマの声を聞いてきました!(本稿はバドミントン・マガジン9月号に掲載された内容を再構成したものです)

今回の試着会はレディースプレーヤーが対象。同様の試着イベントがすでに何度も開催されている
今回の試着会はレディースプレーヤーが対象。同様の試着イベントがすでに何度も開催されている
今回着用された上下のSTB(左は長袖タイプ)
今回着用された高機能アンダーウェア『STB』(左は長袖タイプ)

 

上下で試着→思いきりプレー続々と「効果」を実感
この試着会の目的について、ラケットショップフジ販促企画部広報課課長・山口英一さんはこう話す。「アンダーウェアに対しては、『暑そう』『着るのが面倒そう』という声が多くありました。その一方で、試着できないという現実もあった。レディースの方々は本当に熱心で、クラブの枠を超えた練習会などもやっています。そんな形で試着会を行ない、実際に着て、プレーしてみていただきたいと思ったのです」。

ヨネックスの高機能アンダーウェア「STB」はコアのバランス(体幹)を整える効果があり、着ることで体のブレを抑えてくれる。体に負担がかからない動きはパフォーマンス向上、ケガ予防にもつながるというわけだ。上はどのタイプも腰まで覆う丈があり、上下合わせて着ることで、腰周りがしっかりサポートされる感覚と安定感が増すという。

開始前にはスタッフがSTB の効果を丁寧に説明。イベント終了後、毎回参加人数以上の枚数の注文が入るというから驚きだ
開始前にはスタッフがSTB の効果を丁寧に説明。イベント終了後、毎回参加人数以上の枚数の注文が入るというから驚きだ

参加者はSTBを上下着用して、準備体操、ストレッチ、基礎打ちからスタート。「ギリギリの球を打つときも、体のバランスを整える機能があります。(上は)丈が少し長いので姿勢もシュッとして、スタイルがよく見えるかもしれません(笑)。いつもと違う感覚を体感してください!」という、羽迫まやさん(ラケットショップフジ立川店)の声に送られて、ゲーム練習に入った。参加者からは、「しっかり胸が張れて、肩甲骨がギュッと締まる感覚!」「いつもタイツ(下)だけ履くけど、上と重なることで腰周りの安定感が増しますね」と効果を実感する声が続々。さらに、「いつもなら追いつけない球が取れて、一緒に組んだ人が『おぉっ!』と声を上げていました。STBの効果かしら!?」という証言も飛び出した。

ひと通りウオーミングアップを終えたらゲーム練習へ!
STBを着用して一通りウオーミングアップを終えたら、さっそくゲーム練習を行なった

羽迫さんとともにスタッフを務めた土田茉実さん(ラケットショップフジ吉祥寺店)は「いつもヒジが痛いけど、楽にスマッシュが打てたという方もいました。ギリギリの球を思いきって取れたり、楽しそうにプレーされていて、私も楽しかったです!」と振り返った。着るだけで姿勢がよくなり、パフォーマンスもアップ。さまざまな機能はもちろん、適度な着圧によって生み出される心と体の安心感も、STB の大きな魅力といえそうだ。

ゲーム練習の合間には、STB の機能や使用感についてスタッフとやりとりする時間も設けられた。さまざまな使用感があがったが、姿勢がよくなる(=美しく見える)ことも、レディースにとってはうれしいポイントの一つ
ゲーム練習の合間には、STB の機能や使用感についてスタッフとやりとりする時間も設けられた。さまざまな使用感があがったが、姿勢がよくなる(=美しく見える)ことも、レディースにとってはうれしいポイントの一つ

 

◇スタッフの声

「男性プレーヤーにもおすすめです!」(羽迫まやさん・ラケットショップフジ立川店)

「STB を上下着ていただくと、上の効果に驚かれる方がとても多いです。菱形の樹脂加工がほどよい着圧を生み出して、肩甲骨が引っ張られる。それによって、肩の可動域が広がるんですね。

私は学生時代、左足首とヒザの靭帯を切って下半身に安定感がなくなり、激しいプレーができなくなりました。それが、STB を着用して解消しました。上下合わせて着用することで下半身だけでなく、体全体が安定していると実感できるんです。ヒザなど下半身に故障や不安を抱え、ロングスパッツを着用する方は多いと思いますが、そんな方こそ、上下合わせて着用していただきたいですね。

 STB は男性プレーヤーにもおすすめです。肩がこっている方、腰周りの筋肉が固まっている方は、ぜひ一度、上下でお試しください!」

羽迫さんがレディースにすすめるのはタンクトップタイプ。前面(上)、背面(下)には写真のように菱形の樹脂加工が施されており、適度な着圧がかかる
羽迫さんがレディースにすすめるのはタンクトップタイプ。前面(左)、背面(右)にはそれぞれ菱形の樹脂加工が施されており、適度な着圧がかかる

 

◇参加者の声
石井かおりさん「いつもは足にテーピング、腰に体幹ベルトをしています。今日は両方していないのに、しているような安心感です。足回りは一歩目の出だしがスムーズで、すごく動きやすかったです」

池田初恵さん「ヒザが悪いので、タイツは去年から履いています。普段はサポーターをしているけど、これは守られている感覚があって、(サポーターを)しなくても動くことができました」

雨宮薫さん「スマッシュが得意じゃなくて普段はあまり打たないけど、肩が軽い感じで打ちやすかったです! 肩周りがスムーズで、打とうという気になれました。ヒザが悪いんですが、今日は思いきり動けました」

立花道子さん「肩周りが楽で、クリアーが楽に打てました。上はすごく軽くて、着ている感覚がないぐらい。ロングスパッツのほうは、しっかり守られている感覚がありました」

写真左上:石井さん、右上:池田さん、左下:雨宮さん、右下:立花さん
写真左上:石井さん、右上:池田さん、左下:雨宮さん、右下:立花さん。それぞれSTBのよさを体感したようです!

STBの詳細(ヨネックス株式会社サイト)は →  こちら

 

取材・文/平田美穂 写真/金城聖子


投稿日:2017/09/14
■関連キーワード