バトミントンTOP国内ニュース国内その他 ≫ 【イベント情報】レジェンド・ビジョンが日本初開催!

【イベント情報】レジェンド・ビジョンが日本初開催!

まさに夢の競演だ。林丹(中国)、リー・チョンウェイ(マレーシア)、ピーター・ゲード(デンマーク)、タウフィック・ヒダヤット(インドネシア)。スーパースターが立ち上げた「レジェンド・ビジョン」が日本初上陸。競技の世界的な人気を高めようと4人が各国をめぐるこの活動は、2015年からヨネックスのサポートで行なわれ、各地で喝さいを浴びている。

9月10日、会場となった町田市立総合体育館の照明が落ちると、客席を埋めた約3,200人の観客から早くも歓声があがる。そこへいきなりサプライズ。世界女王・奥原希望ら日本代表が高度な基礎打ちを披露して熱気が高まる。

サプライズで登場した日本代表選手と朴柱奉ヘッドコーチ。子どもたちへのクリニックをサポートした
サプライズで登場した日本代表選手と朴柱奉ヘッドコーチ。子どもたちに行なったクリニックをサポートした

次はいよいよレジェンドたちだ。デンマークの永遠の貴公子、ゲードがラケットを掲げて現れる。照れたような笑みを浮かべてインドネシアの至宝、タフィーが入場。「キング・オブ・バドミントン」、中国の林丹が堂々とした足取りでファンとハイタッチすれば、マレーシアの英雄、チョンウェイがクールに登場。今回加わった韓国のスター、李龍大は優しい笑顔だ。

スポットライトに照らされ、レジェンドが次々と入場(写真は林丹)
スポットライトに照らされ、レジェンドが次々と入場(写真は林丹)

幕開けは子どもたちとの特別クリニック。一人ひとりに声をかけるピーター・ゲードは「みんないい目をしている」と笑った。続いてパラバド選手たちとペアを組んでのダブルス。この日直前に行なわれたパラ国際大会の優勝者・藤原大輔と組んだチョンウェイは、「たくさんのことを学べた。感謝します」とパートナーの肩を抱いた。

クリニックではジュニア選手とラリーを交わしたあとハイタッチ(右はピーター・ゲード)
クリニックではジュニア選手とラリーを交わしたあとハイタッチ(右はピーター・ゲード)
パラバドミントン選手とのダブルスでは、日本の藤原大輔(右)がチョンウェイとペアを組んだ
パラバドミントン選手とのダブルスでは、日本の藤原大輔(右)がチョンウェイとペアを組んだ

盛り上がったのは林丹/チョンウェイ対ゲード/タフィーの対戦。インドネシアと韓国ダブルスの名手だった、レキシ―・マイナキー、柳延星も加わり、3対3で高速ラリー。前衛に入ったタフィーとチョンウェイがラリー中に入れ替わって沸かせる。さらには今年のインターハイ王者・大林拓真(埼玉栄)と林丹の対戦。そして最後、林丹対チョンウェイの11点マッチでは、ネット前での芸術的な球さばきに観客からため息がもれた。

ゲストとして参加したレキシー・マイナキー(左端)と柳延星(中央)。右はタウフィック・ヒダヤット
ゲストとして参加したレキシー・マイナキー(左端)と柳延星(中央)。右はタウフィック・ヒダヤット
林丹とチョンウェイのエキシビションマッチには熱い視線が注がれた
林丹とチョンウェイのエキシビションマッチには熱い視線が注がれた
この日参加したレジェンドとゲストたち。今年はこのあとインドとフランスでも開催される予定だ
この日参加したレジェンドとゲストたち。今年はこのあとインドとフランスでも開催される予定だ

 

贅沢すぎる2時間半。バドミントンの楽しさを新たに伝えたレジェンドは、一様に満足そうな表情を浮かべた。日本再訪の日が今から待ち遠しい。

取材・文/江國晴子


投稿日:2017/09/12
■関連キーワード