バトミントンTOP国内ニュース日本代表 ≫ 【全日本社会人】桃田が2度目のV! 志田&松山が日本代表ペアに勝利!<決勝戦>

【全日本社会人】桃田が2度目のV! 志田&松山が日本代表ペアに勝利!<決勝戦>

9月6日に開催された第60回全日本社会人選手権(広島・広島市)最終日は、各種目の準決勝、決勝戦が行なわれた。

男子シングルスは、桃田賢斗(東京)が6月の日本ランキングサーキット(RC)に続き、国内大会2連続優勝を達成。決勝では4連覇をねらった坂井一将を9本、15本で下し頂点に立った。女子シングルスは峰歩美が、前回覇者の鈴木温子を下して優勝を飾っている。

全日本社会人
桃田賢斗
全日本社会人
峰歩美

男子ダブルスは、元日本代表の橋本博且/佐伯祐行(福井)がV達成。決勝ではRC王者の古賀輝/齋藤太一を2−0のストレートで退けた。女子ダブルスは、成長株の志田千陽/松山奈未が、8月の世界選手権にも出場した福万尚子/與猶くるみを、こちらも2−0で制して社会人初優勝をつかみとった。

混合ダブルスは、国際大会での優勝経験を持つ高階知也/江藤理恵が、齋藤太一/尾﨑沙織の若手ペアを決勝で破り、国内では初めての頂点獲りに成功している。

橋本(左)/佐伯
橋本(左)/佐伯
志田(左)/松山
志田(左)/松山
高階/江藤
高階/江藤

準決勝、決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

▼準決勝

坂井一将(東京)②〔21−14、21−12〕0●松川直弘(福井)

桃田賢斗(東京)②〔22−20、21−16〕0●武下利一(富山)

▼決勝

桃田賢斗②〔21−9、21−15〕0●坂井一将

桃田賢斗
桃田賢斗

【女子シングルス】

▼準決勝

峰 歩美(熊本)②〔21−16、8−21、21−5〕1●大家夏稀(東京)

鈴木温子(東京)②〔21−9、21−13〕0●仁平菜月(富山)

▼決勝

峰 歩美②〔21−11、21−14〕0●鈴木温子

峰歩美
峰歩美

【男子ダブルス】

▼準決勝

橋本博且/佐伯祐行(福井)②〔21−12、21−10〕0●塚本好喜/高野将斗(神奈川)

古賀 輝/齋藤太一(東京)②〔21−15、21−12〕0●牧野公亮(北海道)/山村駿介(神奈川)

▼決勝

橋本博且/佐伯祐行②〔21−13、22−20〕0●古賀 輝/齋藤太一

橋本博且(右)/佐伯祐行
橋本博且(右)/佐伯祐行

【女子ダブルス】

▼準決勝

福万尚子/與猶くるみ(熊本)②〔14−21、21−15、21−10〕1●藤井瑞希/垣岩令佳(熊本)

志田千陽/松山奈未(熊本)②〔21−16、21−19〕0●松田蒼/荒木茜羽(岐阜)

▼決勝

志田千陽/松山奈未②〔24−22、21−16〕0●福万尚子/與猶くるみ

志田千陽(左)/松山奈未
志田千陽(左)/松山奈未

【混合ダブルス】

▼準決勝

齋藤 太一/尾﨑沙織(東京)②〔15−21、21−19、21−13〕1●山村駿介(神奈川)/本田恵利奈(茨城)

高階知也(大阪)/江藤理恵(岐阜)②〔21−13、21−14〕0●竹内義憲(神奈川)/浦谷夏未(秋田)

▼決勝

高階知也/江藤理恵②〔21−18、16−21、21−12〕1●齋藤太一/尾﨑沙織

高階知也/江藤理恵
高階知也/江藤理恵

 

※選手の所属する都道府県は申し込み当時のもの

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/09/07
■関連キーワード