バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界ランク】髙橋&松友、山口が上位をキープ! 世界選手権のシードも決定!

【世界ランク】髙橋&松友、山口が上位をキープ! 世界選手権のシードも決定!

8月3日、BWF(世界バドミントン連盟)発表の世界ランキングが更新された。

世界ランク2位をキープしている山口茜
世界ランク2位をキープしている山口茜

 

スーパーシリーズやグランプリゴールドなど国際大会が開催されなかったため、上位から下位まで、ランキングの変動はほとんどなかった。

 

男子シングルスは こちら

女子シングルスは こちら

男子ダブルスは  こちら

女子ダブルスは  こちら

混合ダブルスは  こちら

 

8月21日から世界選手権(スコットランド・グラスゴー)が開催される。日本からも多くの選手が出場予定。ここでは、出場が決まっている選手・ペアの順位をピックアップしよう。

 

▼男子シングルス(64選手出場)

常山幹太(トナミ運輸)=33位

上田拓馬(日本ユニシス)=54位

 

▼女子シングルス(48選手出場)

山口 茜(再春館製薬所)=2位

奥原希望(日本ユニシス)=8位

佐藤冴香(ヨネックス)=13位

大堀 彩(トナミ運輸)=15位

 

▼男子ダブルス(48ペア出場)

園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)=4位

井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス)=19位

保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)=21位

遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)=28位

 

▼女子ダブルス(48ペア出場)

髙橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)=1位

米元小春/田中志穂(北都銀行)=7位

福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)=9位

福万尚子/與猶くるみ(ヨネックス)=11位

 

▼混合ダブルス(48ペア出場)

数野健太/栗原文音(日本ユニシス)=14位

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)=22位

 

8月6日には、BWFから世界選手権各種目のシードが発表された。今回のシードは8月3日付の世界ランクによって決められ、日本選手では女子シングルスの山口茜、女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀が第1シードに入ることが決定。また、男子ダブルスの園田啓悟/嘉村健士は第4シードを獲得しているほか、多くの選手・ペアがシードを手にしている。これにより、初戦から上位ランクの選手と対戦する可能性が少なくなった。

日本選手の世界選手権のシード獲得選手・ペアは以下の通り。

 

【男子シングルス】

日本選手はなし

 

【女子シングルス】

第1シード 山口 茜

第7シード 奥原希望

第10シード 佐藤冴香

第11シード 大堀 彩

今年はSSのオーストラリアOP優勝している奥原希望
今年はSSのオーストラリアOP優勝している奥原希望

【男子ダブルス】

第4シード  園田啓悟/嘉村健士

第15シード  井上拓斗/金子祐樹

オーストラリアOPで2度目のSS制覇を達成した園田啓悟(手前)/嘉村健士
オーストラリアOPで2度目のSS制覇を達成した園田啓悟(手前)/嘉村健士

 

【女子ダブルス】

第1シード 髙橋礼華/松友美佐紀

第7シード 米元小春/田中志穂

第9シード 福島由紀/廣田彩花

第10シード 福万尚子/與猶くるみ

世界選手権初優勝に挑む髙橋礼華/松友美佐紀(左)
世界選手権初優勝に挑む髙橋礼華/松友美佐紀(左)

 

【混合ダブルス】

第11シード 数野健太/栗原文音(日本ユニシス)

第16シード 渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)

混合ダブルスでは日本最上位の数野健太/栗原文音。上位の壁を打ち破るか
混合ダブルスでは日本最上位の数野健太/栗原文音。上位の壁を打ち破るか

 

2015年に開催された前回大会は、男子シングルスの桃田賢斗、男子ダブルスの早川賢一/遠藤大由、女子ダブルスの福万尚子/與猶くるみが銅メダルを獲得した。日本選手による世界選手権優勝は1977年に行なわれた第1回大会、女子ダブルスの栂野尾悦子/植野恵美子までさかのぼる。着実に成長しているJAPAN勢が、40年ぶりの世界一をめざす戦いが、もうすぐ始まる。

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/08/06
■関連キーワード