バトミントンTOP海外ニュース海外その他 ≫ 【GP】松田蒼&荒木茜羽が同国決勝を制して優勝!<ロシアOP>

【GP】松田蒼&荒木茜羽が同国決勝を制して優勝!<ロシアOP>

7月18日から23日にかけて開催されたロシアOP(ウラジオストク・GP)。この大会は11点5ゲーム制で行なわれ、日本選手は女子ダブルスの松田蒼/荒木茜羽と今井優歩/川島美南が決勝に進出。日本人同士の頂上決戦は、松田/荒木が3−2で制して優勝。また、混合ダブルスの松居圭一郎/荒木茜羽も決勝に進んたが、マレーシアペアに0−3で敗れ、準優勝に終わっている。

そのほか、男子シングルスの丸尾亮太郎、女子シングルスの仁平菜月がベスト4に入った。

 

日本選手の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

丸尾亮太郎…ベスト4!

福田春樹…ベスト8

星野健太朗…3回戦進出

内藤浩司…1回戦敗退

 

【女子シングルス】

仁平菜月…ベスト4!

齋藤 栞…ベスト8

川島美南…2回戦進出

 

【男子ダブルス】

塚本好喜/高野将斗…ベスト8

竹内義憲/松居圭一郎…ベスト8

大嶋一彰/山﨑裕太…2回戦進出

 

【女子ダブルス】

松田蒼/荒木茜羽…優勝!

今井優歩/川島美南…準優勝!

米元陽花/重田美空…ベスト8

 

【混合ダブルス】

松居圭一郎/荒木茜羽…準優勝

高野将斗/松田蒼…1回戦敗退

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/07/24
■関連キーワード