バトミントンTOPバド情報グッズ ≫ 【バドマガ情報】『タカマツ☆ バドミントン高橋礼華&松友美佐紀パーフェクトNAVI』 が発売!

【バドマガ情報】『タカマツ☆ バドミントン高橋礼華&松友美佐紀パーフェクトNAVI』 が発売!

タカマツ★表紙

7月4日にタカマツ☆ バドミントン高橋礼華&松友美佐紀パーフェクトNAVI (バドミントン・マガジン+α)が発売されました!

2016リオ五輪女子ダブルスで、日本バドミントン史上初となる金メダルを獲得した髙橋礼華/松友美佐紀ペア。現在も女子ダブルスで世界ランク1位をキープし続け、名実ともに世界の頂点に君臨しています。今回発売したMOOKでは、オリンピック制覇を成し遂げるまでの軌跡、そして世界トップに立ち続ける2人の魅力を、まるまる1冊の本にまとめています!

企画内容は、とにかく充実しています! 2人は新たな目標を設定しながら、2020年東京五輪に向けて歩み始めていますが、そんなタカマツの“いま”に迫るロングインタビューを掲載。また、本人&ご家族からの提供写真も含めた必見フォトギャラリー、小学生時代からのコメント&写真で振り返る「タカマツ”世界一”への軌跡」など、ジュニアのころから2人を取材しているバドミントン・マガジンだからこそできる企画も多数あり、読み応えたっぷりです!

 

指導者、保護者の方も必見!

指導者や保護者の皆さんにぜひ読んで頂きたいのが、バドマガで連載をしていた『金メダリストはこう育つ ―タカマツ・成長の軌跡―』です。ここでは本誌連載をまとめた総集編で紹介をしていますが、2人のご家族やジュニア時代、中学・高校の指導者、日本ユニシス、また日本代表監督・コーチなど、それぞれの時代で2人の取り組みを間近に見てきた皆さんに話を聞いています。バドミントンの金メダリストが育った背景には、子育てや選手育成のヒントとなるものがあるはずです。ぜひ、こちらもチェックしてください!

また、2人の所属チームである日本ユニシスにも協力を頂いています。S/Jリーグのトップチームであるチームの練習環境や特色なども合わせて紹介。さらに2人のプレー分析や世界で勝ち続ける強さの理由など、様々な角度からタカマツを徹底分析しています!

日本が世界に誇るヒロインペア。2人の魅力がたくさん詰まった『タカマツ★』をよろしくお願いします!

 

【お詫びと訂正】

『B.B.MOOK タカマツ☆』P89において間違いがありました。日本ユニシス実業団バドミントン部・葛谷部長のコメント内に同男子部の創立が「1984年」とありましたが、正しくは「1989」です。

原稿の時点で、日本ユニシス様から修正の依頼を受けていたにもかかわらず、編集部の不手際で間違いを修正できませんでした。葛谷部長ならびに日本ユニシス関係者の皆様、読者の皆様に深くお詫び申し上げます。

 

【内容】

巻頭ロングインタビュー

金メダリストの現在地

 

日本ユニシスの練習に潜入!

日々の練習で味わう”世界”レベル

 

髙橋礼華◎パーソナルデータ&フォトギャラリー

松友美佐紀◎パーソナルデータ&フォトギャラリー

タカマツ◎フォトギャラリー

タカマツプレー分析

 

バドミントン・マガジン連載

金メダリストはこう育つ

~タカマツ成長の軌跡~[総集編]

(1)両親に聞く

(2)ジュニア指導者に聞く

(3)中・高指導者に聞く

(4)日本ユニシススタッフに聞く

(5)ナショナルチームスタッフに聞く

 

タカマツのあの頃

過去のバドマガ記事紹介!

 

コラム

私が見たタカマツ1〜3

 

ジュニア時代を振り返る~高橋礼華

ジュニア時代を振り返る~松友美佐紀

 

母校探訪リポート

タカマツを育んだ”ウルスラ”の練習

 

中島慶コーチに聞く「ノック」の極意

 

世界ランクで紐解く

タカマツが頂点に立つ理由

 

日本ユニシス

OB・スタッフが語る引退後の道

 

写真とコメントで振り返る

タカマツ”世界一”への軌跡

 

読者プレゼント

 

◆受注センター

フリーダイヤル  0120‐911‐410

 

◆スポーツクリック

タカマツ☆ バドミントン高橋礼華&松友美佐紀パーフェクトNAVI こちら


投稿日:2017/07/04
■関連キーワード