バトミントンTOP国内ニュース日本代表 ≫ 【GPG】星千智がベスト4に進出!<スイスOP>

【GPG】星千智がベスト4に進出!<スイスOP>

3月17日に開催されたスイスOP(バーゼル・GPG)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

日本選手で準々決勝に勝ち進んだのは、男子シングルスの常山幹太と女子シングルスの髙橋沙也加、星千智の3選手。男子シングルスの常山は、台湾2番手で世界ランク20位の王子維に対し、第1ゲーム14本に抑えて先制するも、続く第2、3ゲームで逆転されて惜敗。髙橋沙也加は中国の若手有望選手に第1ゲームで接戦を演じるも、0−2のストレートで敗れて8強に終わった。

星千智はブルガリア選手を14本、12本に抑えて勝利し、ベスト4入りを決めている。星は髙橋が敗れた中国と準決勝で対戦する。

日本選手の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

▼3回戦(3月16日)

武下利一●0〔7−21、16−21〕②アンソニー・ギンティン(インドネシア)31分

常山幹太②〔21−19、21−14〕0●サブハンカー・デイ(インド)42分

▼準々決勝

常山幹太●1〔21−14、16−21、17−21〕②王子維(台湾)68分

 

【女子シングルス】

▼2回戦(3月16日)

星千智②〔21−13、21−19〕0●李佳馨(台湾)40分

髙橋沙也加②〔21−16、21−10〕0●ディナル・デヤ・アユスティネ(インドネシア)36分

▼準々決勝

星千智②〔21−14、21−12〕0●リンダ・ゼトチリ(ブルガリア)36分

髙橋沙也加●0〔19−21、12−21〕②陳雨菲(中国)40分

▼準決勝

星千智 − 陳雨菲

 

【男子ダブルス】

▼2回戦(3月16日)

井上拓斗/金子祐樹●0〔11−21、18−21〕②陳宏麟/王齊麟(台湾)27分

 

【女子ダブルス】

▼2回戦(3月16日)

篠谷菜留/星千智●1〔21−15、19−21、22−24〕②シーゲセン/フルーエルガード(デンマーク)72分


投稿日:2017-03-18
■関連キーワード