バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【S/Jリーグ】男子はトナミ&トリパン、女子はユニシスと再春館が連勝!<高岡大会>

【S/Jリーグ】男子はトナミ&トリパン、女子はユニシスと再春館が連勝!<高岡大会>

12月25日にバドミントン最高峰のリーグ戦『S/Jリーグ』第6日が行なわれた。ここでは高岡大会2日目の結果をお伝えしよう。

 

【男子】トナミ運輸が地元で快勝! トリパンも3連勝!

S/Jリーグ

高岡大会2日目は、前日に引き続いてトナミ運輸とトリッキーパンダースが白星を挙げ、見事2連勝を飾った。

地元のトナミ運輸は、全日本総合王者でSSファイナル準優勝の園田啓悟/嘉村健士が第1ダブルスに登場。JR北海道のエースペアを13本、17本で退けてチームに勢いをもたらすと、続くシングルスも総合単優勝の西本拳太(内定・中央大4年/写真)が2−0のストレートで勝利。トナミ運輸が早々勝利をつかむと、続く第2ダブルスの常山幹太/下農走も12本、6本で相手を抑え、3−0の完封勝利。トナミ運輸が最高の結果を残し、地元での2試合を終えている。

S/Jリーグ

3勝目をねらったトリパンは、今年からS/Jリーグ初参戦の三菱自動車京都と対戦。第1ダブルスはトリパンの井谷和弥/リャオ・ミン・チュンが、ファイナルゲーム13本で辛くも勝利をつかむ。シングルスは三菱の常山明良が白星を手にして1−1のイーブンに戻したが、第2ダブルスを奪ったのはトリパン。高階知也(写真右)/米田健司が、三菱のエースダブルス・吉川改/疋田聖也を21本、17本で退けてチームの3勝目に貢献している。

 

トナミ運輸(3勝) 3−0 JR北海道(4敗)

園田啓悟/嘉村健士②〔21−13、21−17〕0●牧野公亮/渡部大

西本拳太②〔21−19、21−7〕0●塚本光希

常山幹太/下農走②〔21−12、21−6〕0●榊大史/岡村和輝

牧野/渡部
牧野(左)/渡部(JR北海道)

 

トリッキーパンダース(3勝1敗)2−1 三菱自動車京都(4敗)

井谷和弥/リャオ・ミン・チュン②〔20−22、21−15、21−13〕1●喜多勝人/林谷理貴

福田春樹●0〔14−21、12−21〕②常山明良

高階知也/米田健司②〔23−21、21−17〕0●吉川改/疋田聖也

常山明良(三菱自動車京都)
常山明良(三菱自動車京都)

 

【女子】日本ユニシス、再春館製薬所が2日連続勝利!S/Jリーグ男子同様、女子も前日に白星を手にした日本ユニシスと再春館製薬所がともに2日目も勝利。2連勝で年内のリーグ戦を終えた。

日本ユニシスはACT SAIKYOと対戦。この日も第1ダブルスには髙橋礼華/東野有紗が登場し8本、16本で快勝する。シングルスは互いに2017年ナショナルB代表入りを決めている日本ユニシスの髙橋沙也加(写真)と、ACT SAIKYO齋藤栞が激突。すると、第1ゲーム17本で制した髙橋が、そのまま第2ゲームも14本に抑えて勝利。日本ユニシスがチームの白星をつかむと、第2ダブルスの栗原文音/篠谷菜留も勝利し、3−0のストレートでACT SAIKYOの挑戦をはねのけた。

福島由紀(左)/廣田彩花

一方、山陰合同銀行と対戦した再春館製薬所は、第1ダブルスの福島由紀(写真左)/廣田彩花が5本、9本の圧勝劇で勝利をつかむと、続く山口茜も2−0で連勝。ねばり強さに定評のある漆﨑真子を相手に、山口は第2ゲーム19本としたが、なんとかしのいでチームの勝利に貢献した。

そのまま3タテで勝ちたい再春館だったが、第2ダブルスでは落とし穴が…。再春館は期待の若手・志田千陽/松山奈未を起用するも、山陰合同銀行のエースペア・横山めぐみ/久後あすみとの勝負に敗れ、3−0での完勝はならず。それでも、勝利をつかんだ再春館はリーグ戦負けなしの3連勝で、首位を走る北都銀行をしっかり追走している。

 

日本ユニシス(2勝1敗) 3−0 ACT SAIKYO(1勝3敗)

髙橋礼華/東野有紗②〔21−8、21−16〕0●今野あゆみ/重田美空

髙橋沙也加②〔21−17、21−14〕0●齋藤栞

栗原文音/篠谷菜留②〔21−17、21−13〕0●米元陽花/今井優歩

齋藤栞(ACT SAIKYO)
齋藤栞(ACT SAIKYO)

 

再春館製薬所(3勝) 2−1 山陰合同銀行(4敗)

福島由紀/廣田彩花②〔21−5、21−9〕0●山田真央/濱崎真衣

山口茜②〔21−12、21−19〕0●漆﨑真子

志田千陽/松山奈未●0〔19−21、21−23〕②横山めぐみ/久後あすみ

横山(左)/久後(山陰合同銀行)
横山(左)/久後(山陰合同銀行)

投稿日:2016/12/25
■関連キーワード