バトミントンTOP海外ニューススーパーシリーズ ≫ 【SSF】アクセルセンが悲願の初タイトル獲得!<男子シングルス>

【SSF】アクセルセンが悲願の初タイトル獲得!<男子シングルス>

12月18日に開催されたスーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)最終日は、各種目の決勝戦が行なわれた。ここでは男子シングルスの結果を紹介しよう。

【男子シングルス】

70020161218_2002_worldsuperseriesfinals2016_bprs9403-2

男子シングルス決勝の舞台に立ったのは、22歳のビクター・アクセルセン(デンマーク)と24歳の田厚威(中国)。攻撃に重みのあるアクセルセンに対して、派手さはないが堅実なショットを軸に得点を重ねる田厚威。どちらもスーパーシリーズでの優勝経験がなく、勝てば初のタイトル獲得となる。

第1ゲームはアクセルセンが先行。前半は6−6と競り合ったが、中盤からアクセルセンが抜け出して21−14で奪った。しかし、第2ゲームは田厚威がペースをつかむと、アクセルセンがファイナルゲームに備えて体力を温存。21−6で田厚威が奪い返す。

ファイナルゲームは互いにスタミナを消耗し、ミスが増え始める。しかし、ここで意地を見せたのがアクセルセン。14−16とリードされた場面から6連続得点で形勢逆転に成功! そのまま押し切ったアクセルセンが、悲願の初タイトルをつかみとった。
▼決勝

ビクター・アクセルセン②〔21−14、6−21、21−17〕1●田厚威63分

スーパーシリーズファイナル


投稿日:2016/12/18
■関連キーワード