バトミントンTOP海外ニューススーパーシリーズ ≫ 【SSF】高橋&松友がリオ五輪決勝を争った相手を撃破!<女子・混合ダブルス>

【SSF】高橋&松友がリオ五輪決勝を争った相手を撃破!<女子・混合ダブルス>

12月17日に開催されたスーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)4日目は、各種目の決勝トーナメントの準決勝が行なわれた。ここでは男子ダブルスの結果を紹介しよう。

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀(奥)
髙橋礼華/松友美佐紀(奥)

2年ぶり2度目のSSファイナル制覇に挑む髙橋礼華/松友美佐紀は、予選リーグを圧倒的な力で制して準決勝へ。その相手はリオ五輪決勝で争ったリターユール/ペデルセン(デンマーク)。厳しい試合も予想されたが、ここで本領を発揮したのが髙橋/松友だった。第1ゲームを12本で抑えたタカマツは、続く第2ゲームも終始リード。4−1、8−4、15−8と点差を広げた日本ペアが、そのまま21点目をつかんで決勝進出を果たした。

陳清晨(奥)/賈一凡(中国)

髙橋/松友の相手が決まるもう一つの準決勝は、中国の若手・陳清晨/賈一凡(中国・写真)が勝ち上がった。相手は韓国Wエースの一角・張藝娜/李紹希(韓国)。経験豊富な韓国ペアに対して気迫をぶつけて陳清晨(写真左)/賈一凡が挑むと、第1ゲーム23-21で中国ペアが先制。第2ゲームは韓国ペアが一時14-5まで大量リードを奪ったものの、ここから中国ペアが猛追。5連続点などで17-20とした陳清晨/賈一凡は、さらにポイントを重ねて20オールに。再びデュースとなる緊迫した場面で、連続得点をつかんだのは中国ペア。22-20で制した陳清晨/賈一凡が第2ゲーム、鮮やかな逆転勝ちで決勝進出を果たした。

 

▼準決勝

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−12、21−11〕0●リターユール/ペデルセン(デンマーク)41分

リターユール(左)/ペデルセン(デンマーク)
リターユール(左)/ペデルセン(デンマーク)

 

陳清晨/賈一凡(中国)②〔23−21、22−20〕0●張藝娜/李紹希(韓国)57分

張藝娜(奥)/李紹希(韓国)
張藝娜(奥)/李紹希(韓国)

▼決勝

髙橋礼華/松友美佐紀 − 陳清晨/賈一凡

 

【混合ダブルス】

鄭思維(奥)/陳清晨(中国)

混合ダブルスは9月以降に急成長を遂げている鄭思維/陳清晨(中国・写真)が、デンマークの強豪・ニールセン/ペデルセン(デンマーク)をストレートで快勝し、決勝へ進出。もう一つの決勝の座をつかんだのは、前回王者のC・アドコック/G・アドコック(イングランド)。インドネシアのヨルダン/スサント(インドネシア)をファイナル勝負の末に破り、2連覇に向けて前進した。

C・アドコック(左)/G・アドコック(イングランド)
C・アドコック(左)/G・アドコック(イングランド)

 

▼準決勝

鄭思維/陳清晨(中国)②〔21−14、21−18〕0●ニールセン/ペデルセン(デンマーク)47分

ニールセン(右)/ペデルセン(デンマーク)
ニールセン(右)/ペデルセン(デンマーク)

 

C・アドコック/G・アドコック(イングランド)②〔21−19、17−21、21−9〕1●ヨルダン/スサント(インドネシア)62分

ヨルダン(右)/スサント(インドネシア)
ヨルダン(右)/スサント(インドネシア)

▼決勝

鄭思維/陳清晨 − C・アドコック/G・アドコック


投稿日:2016-12-18
■関連キーワード