バトミントンTOP海外ニューススーパーシリーズ ≫ 【SSF】山口茜が金メダリストを撃破!<男女シングルス>

【SSF】山口茜が金メダリストを撃破!<男女シングルス>

12月15日に開催された今年最後のビッグイベント・スーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)大会2日目は、各種目の予選リーグが行なわれた。ここでは男女シングルスの結果を紹介しよう。

 

【男子シングルス】

グループAはSSランク1位のヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)と、中国の田厚威が勝利を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。ヨルゲンセンは同じ欧州選手のマーク・ツウィーベラー(ドイツ)を18本、10本に封じて勝利。田厚威は香港のベテラン選手である胡贇を、ファイナル勝負で退けて2勝目を手にしている。

グループBは初日にリー・チョンウェイ(マレーシア)から勝利を奪った孫完虎(韓国)が、ビクター・アクセルセン(デンマーク)との接戦をモノにして2連勝を決めた。連敗は避けたいチョンウェイは、香港の若手エース・伍家朗から辛くも勝利をつかんで1勝1敗。予選最終戦はチョンウェイとアクセルセンが激突し、勝者が決勝トーナメント進出となる。

 

▼グループA

田厚威(中国)②〔21−19、13−21、21−7〕1●胡贇(香港)61分

ヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)②〔21−18、21−10〕0●マーク・ツウィーブラー(ドイツ)37分

2勝/ヨルゲンセン

2勝/田厚威

2敗/ツウィーベラー

2敗/胡贇

※ヨルゲンセンとツウィーブラーが決勝トーナメント進出

 

▼グループB

孫完虎(韓国)②〔21−19、14−21、21−18〕1●ビクター・アクセルセン(デンマーク)76分

リー・チョンウェイ(マレーシア)②〔21−15、22−20〕0●伍家朗(香港)40分

2勝/孫完虎

1勝1敗/アクセルセン

1勝1敗/チョンウェイ

2敗/伍家朗

 

【女子シングルス】

グループAは戴資穎(台湾)と成池鉉(韓国)が2連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。SSランク1位の戴資穎は中国新星・何冰嬌にストレート勝ち。成池鉉もラチャノック・インタノンを19本、12本で下している。

山口茜がいるグループBは、その山口とリオ五輪金メダリスト・キャロリーナ・マリーン(スペイン)と対戦。第1ゲームを失った山口だったが、第2・3ゲームを奪い返して逆転勝利。1勝1敗とし、決勝トーナメント進出の可能性を残した。もう一つの試合は、孫瑜(中国)とリオ五輪銀メダリストのシンデュ・P.V.(インド)が対戦し、今大会で好調の孫瑜(中国)がストレートで退けて2連勝を飾った。

 

▼グループA

戴資穎(台湾)②〔21−12、21−14〕0●ラチャノック・インタノン(タイ)32分

成池鉉(韓国)②〔21−18、21−15〕0●何冰嬌(中国)35分

2勝/戴資穎

2勝/成池鉉

2敗/ラチャノック・インタノン

2敗/何冰嬌

 

▼グループB

孫瑜(中国)②〔21−15、21−17〕0●シンデュ・P.V.(インド)

山口茜②〔15−21、21−10、21−10〕1●キャロリーナ・マリーン(スペイン)

2勝/孫瑜(中国)

1勝1敗/山口茜

1勝1敗/シンデュ・P.V.

2敗/キャロリーナ・マリーン


投稿日:2016/12/16
■関連キーワード