バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】佐藤冴香が悲願の総合初制覇!<女子シングルス決勝>

【全日本総合】佐藤冴香が悲願の総合初制覇!<女子シングルス決勝>

12月4日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。ここでは女子シングルスのダイジェストを紹介しよう。

全日本総合

混戦模様の女子シングルスを制したのは、昨年の総合決勝で敗れた佐藤冴香(ヨネックス)だった。リオ五輪代表で優勝候補の一角だった山口茜(再春館製薬所)を2−0のストレートで破り、初の総合タイトルを手にしている。

「高校3年生から出続けてきた全日本総合で優勝できて、支えてくれた人への感謝の気持ちしかないです」と喜びを語った佐藤。前日の準決勝ではチームメイトの鈴木温子とファイナルゲームの接戦を演じたが、山口との第1ゲームではその疲れを感じさせない動きを見せる。積極的にスマッシュ、カット、クリアーで攻め立て12−6とリード。後半は山口の動きもよくなり、守備からジワジワと点差を詰めるも、最後は佐藤が21−18で振り切った。

第2ゲームはお互いに好ラリーを展開。取っては取られてのシーソーゲームとなり、11−11、17−17と接近したスコアで終盤へ。ここで勝負に出たのが佐藤。「ファイナルゲームに入ると茜ちゃんのペースになると思った」と、ねばる山口の強打をしのぎ、ネット前でも落ち着いて対処して4連続得点。念願の優勝が決まり、その場に泣き崩れた佐藤は「今まで結果が残せないままナショナルに入れてもらっていたので、これでしっかりナショナルA代表として、海外で活躍できるように頑張ります」と力強く語り、4年後の東京五輪に向けて新たな一歩を踏み出した。

 

全日本総合

優勝:佐藤冴香(ヨネックス)

「ロンドン五輪でケガをして、苦しい時期が続いていたけど、高校3年生から出続けてきたこの総合で優勝できて、今まで支えてくれた人への感謝しかないです。まだまだ課題を残しているので、これからしっかり練習して東京五輪をめざせたら、と思います。

(試合は)ファイナルゲームに行くと茜ちゃんのペースになると思ったので、2ゲームで勝ち切るためにスピードをMAXにあげました。今まで結果が残せないままナショナルに入れてもらっていたので、これでしっかりナショナルA代表として、海外で活躍できるように頑張ります」

 

全日本総合

準優勝:山口茜(再春館製薬所)

「今大会は1回戦から緊張していました。社会人になって相手に向かってこられるようになったと感じて、精神的には疲れましたが、決勝まで進めたのはよかったです。以前よりも研究されている感じは受けたけど、再春館製薬所に入って成長できたと証明したい。お世話になっている人に感謝をこめて勝てればと思ってやっています。

今日の決勝戦は一生懸命やったけど、(対戦相手の)佐藤さんがすごく強かったです。いつも決めにいけるところもいけなくて、相手が一枚も二枚も上手でした。再来週にはスーパーシリーズファイナルがあるので、まずは自分らしいプレーを出すこと。いろんなことを吸収したら、また成長できるかなと思います」


投稿日:2016-12-04
■関連キーワード