バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】準決勝コメント<混合ダブルス>

【全日本総合】準決勝コメント<混合ダブルス>

12月3日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)の5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは混合ダブルスに出場した選手のコメントを紹介しよう。

全日本総合

権藤公平&廣田彩花(トナミ運輸&再春館製薬所)/垰畑亮太&篠谷菜留(日本ユニシス)に2−0で勝利

廣田「女子ダブルスでは負けてしまったけど(福島とのペアで同日の準決勝、髙橋&松友にファイナル1−2で敗戦)、気持ちを切り替えて、自分たちのいい形を作れました。明日も二人で楽しみながらも勝つ気持ちを忘れずにやりたいです」

権藤「(パートナーの廣田が)女子ダブルスで接戦をしていたので、カバーしようと思っていたけど、ぼくが後ろから打つという自分たちのいい形ができた。集中力に欠ける場面では、『ここで一本!』と声をかけてくれました。正直、ここまでは出来過ぎですが、明日は、高校からの先輩の嘉村(健士)さんとの『トナミ対決』に勝ちたいです」
全日本総合

嘉村健士&米元小春(トナミ運輸&北都銀行)/伊東克範&浦谷夏未(金沢学院クラブ&北都銀行)に2−0で勝利

嘉村「(男子ダブルスでも決勝進出を果たして)疲れはMAXです! 今日はストレートで勝ててよかった。疲れてはいるけど、スーパーシリーズファイナルに向けてのトレーニングの一環としてとらえています。

(明日に向けて)ここまできたら、男子ダブルスもミックスも優勝したいです。そのなかでも、ミックスは楽しむだけ。力むと疲れるだけなので、『決まればラッキー!』ぐらいの気持ちで。自分たちの試合をすれば、勝てると思います」

米元「(女子ダブルスでも決勝進出を果たして)疲れていて、今日は足を引っ張ってしまいました。とにかく、自分たちのプレーをすることが第一。明日は『上がったら打つ』で頑張ります」


投稿日:2016-12-04
■関連キーワード