バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】準決勝コメント<女子ダブルス>

【全日本総合】準決勝コメント<女子ダブルス>

12月3日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)の5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは女子ダブルスに出場した選手のコメントを紹介しよう。

全日本総合

髙橋礼華&松友美佐紀(日本ユニシス)/福島由紀&廣田彩花(再春館製薬所)に2−1で勝利

髙橋「昨日、久しぶりに長い試合をして勝ちきっていたので、(今日は試合中も)疲れをあまり感じることもなく、競った場面もありましたけど、焦ることもなく、最後は自分たちの経験が出た試合だったかなと思います。

(タイトルまであと1試合だが)正直、(全日本総合の)タイトルへの思いはあまりわいてこないです。それくらい、今大会は国内タイトルよりも、試合の内容や自分たちがやりたいプレーを重視しなければいけないと思っています。自分たちはリオ五輪までの4年間、ずっと金メダルをめざしてやってきましたが、そのときのプレーにまだ戻っていない部分がある。金メダルを取ったときのようなプレーに戻したいという気持ちもありますし、さらにレベルアップしたい気持ちもあります。いまは国内のタイトルよりも、スーパーシリーズファイナル(SSF)でのタイトルのほうが、自分としては取りたいです。明日はそのためのプレーができたらと思っています」

松友「昨日よりは、まだ(相手に)合わせている部分もあったと思いますが、自分たち自身が攻めていける部分も多かったと思うので、昨日よりはよかったかなと思います。決勝の相手(米元/田中)は勢いもあって、調子もすごくよさそうなので、自分たちのプレーをしっかりできるように頑張りたいと思います。

(決勝の意気込み)私もこれまでと変わらず、SSFに向けて、自分たちがやりたいことを一つでも多くできたらいいかなと思っています」

全日本総合

米元小春&田中志穂(北都銀行)/福万尚子&與猶くるみに2−0で勝利

米元「昨年も対戦していますが、ラリー勝負になると分が悪く、低い展開を意識しました。かといって一本調子になってはいけないので、そこは田中がうまく柔らかい球を使ってくれました。過去は4強が最高で、やっとそれを越えたという感じです」

田中「先輩が前で速い動きをするので、それに負けずについていくようにしています。(うまくドロップを使った?の問いに) ラリーがきつくなったところで使ったんですが、いつもはミスばかりなのに、それがたまたま入ってくれました(笑)」


投稿日:2016-12-04
■関連キーワード