バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】決勝は高橋&松友と初Vねらう米元&田中が激突!<女子ダブルス準決勝>

【全日本総合】決勝は高橋&松友と初Vねらう米元&田中が激突!<女子ダブルス準決勝>

12月3日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは女子ダブルスのダイジェストを紹介しよう。

選手コメントは こちら

 

全日本総合

苦しみながらも、最後に勝利をつかむのはやはりタカマツだった。2回戦、準々決勝と2−1での白星が続く髙橋礼華/松友美佐紀。福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)との準決勝も第1ゲームは先取したものの、第2ゲームは福島/廣田に奪われファイナル勝負となった。

第3ゲームに入ると、お互いに気迫のこもったラリーを展開。点差も離れずに9−9、14−14とスコアを刻んだ。終盤、17−16と福島/廣田がリードをしたが、ここから金メダリストの本領が発揮される。髙橋/松友が17−17とすぐに同点にすると、さらに攻撃を仕掛けて連続得点。福島/廣田も精一杯の抵抗をみせるが、勢いに乗ったタカマツを止めることはできず。そのまま押し切った髙橋/松友が21−17で勝利し、決勝進出を決めた。

全日本総合

その王者・タカマツへの挑戦権を手にしたのは、米元小春(写真奥)/田中志穂(北都銀行)だ。福万尚子/與猶くるみ(再春館製薬所)との準決勝は、第1ゲームから果敢に攻めて福万/與猶にプレッシャーをかけると、終盤に突き放して21−17で先制。第2ゲームは米元/田中が試合の主導権を握り、15−5と大量リード。福万/與猶も4連続得点などで追走するも、最後は21−12で米元/田中が逃げ切り、総合で初の決勝進出を決めている。

髙橋/松友と米元/田中は、今年9月のヨネックスOPジャパンの準決勝で対戦。このときは髙橋/松友が勝利している。決勝は髙橋礼華/松友美佐紀が勝てば2連覇、そして5度目の総合優勝。米元/田中が勝てば初優勝となる。

 

▼準決勝の結果

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−16、17−21、21−17〕1●福島由紀/廣田彩花

米元小春/田中志穂②〔21−17、21−12〕0●福万尚子/與猶くるみ

 

▼決勝の対戦カード

髙橋礼華/松友美佐紀 − 米元小春/田中志穂


投稿日:2016-12-03
■関連キーワード