バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】混合ダブルスはシード組が敗れる大波乱!<ダブルス準々決勝>

【全日本総合】混合ダブルスはシード組が敗れる大波乱!<ダブルス準々決勝>

12月2日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。ここではシングルスのダイジェストを紹介しよう。

選手のコメントは こちら

 

【女子ダブルス】

全日本総合

髙橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス/写真)の準々決勝は、チームメイトの篠谷菜留/星千智と対戦。第1ゲームは勢いよく攻めて流れをつかんだ篠谷/星がリードし、そのまま21−16で先制。しかし、髙橋/松友もここからスピードを上げて第2ゲームを奪い返すと、ファイナルゲームは髙橋/松友が優位に試合を運んで21−13で勝利をつかんだ。

第2シードの福万尚子/與猶くるみ(再春館製薬所)も、NTT東日本の若手ペアを2−0のストレートで下してベスト4。初Vのに挑む米元小春/田中志穂(北都銀行)も、新玉美郷/渡邉あかね(NTT東日本)を8本、15本におさえて準決勝へと駒を進めた。

第4シードの福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)は、長身ペアの松本麻佑/永原和可那(北都銀行)と激突。どちらが上位に入ってもおかしくない実力のあるペア同士の勝負は、福島/廣田が相手の攻撃を封じながらポイントを重ねて勝利。4強入りを決め、準決勝では髙橋/松友に挑戦する。

▼準決勝の対戦カード

髙橋礼華/松友美佐紀 − 福島由紀/廣田彩花

米元小春/田中志穂 − 福万尚子/與猶くるみ

 

 

【男子ダブルス】

全日本総合

園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)、遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)らV候補のペアが順当に準決勝へと勝ち進んだ。同じチームの常山幹太/下農走と対戦した園田/嘉村は、終始、主導権を握ってラリーを支配。鋭い攻撃と堅いレシーブで白星をつかみ、連覇に向けて好調をアピールした。

初戦から調子を上げている遠藤/渡辺も、トナミ運輸の渡邊達哉/権藤公平に対して付け入る隙きを与えず。第1ゲーム18本、第2ゲームは13本で勝利している。

このほか、保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)は大学生ペアに快勝したほか、井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス/写真)も、同チームの先輩である佐伯祐行/垰畑亮太とのファイナル勝負の接戦を制して、ベスト4入りを決めた。

▼準決勝の対戦カード

園田啓悟/嘉村健士 − 井上拓斗/金子祐樹

遠藤大由/渡辺勇大 − 保木卓朗/小林優吾

 

【混合ダブルス】

全日本総合

第1シードから4シードまでが敗れる波乱が起こった混合ダブルス。無念の黒星を最初に喫したのが、リオ五輪代表の数野健太/栗原文音だった。相手は他チーム同士でペアを組む権藤公平/廣田彩花(トナミ運輸/再春館製薬所/写真)。序盤から流れがつかめない数野/栗原が第1ゲームを失うと、第2ゲームも悪い流れは変わらず。逆に、失うものがない権藤/廣田は、数野/栗原の攻撃をおさえながらチャンスをモノにして勝利。権藤/廣田が初の4強を決めた。

第2シードで、優勝候補の一角とされた渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)も、元総合王者の嘉村健士/米元小春(トナミ運輸&北都銀行)を前に、0−2のストレート負けを喫した。優勝に向けて積極的に仕掛ける若手ペアに対して、嘉村/米元は冷静にシャトルをさばいて得点を奪う。第1ゲームを嘉村/米元が16本で先取すると、第2ゲームも勝負所でしっかりポイントをおさえた嘉村/米元が21−19で勝利。4年ぶりの2度目の優勝へ一歩近づいた。

そのほかでは、垰畑亮太/篠谷菜留(日本ユニシス)がNTT東日本の小松﨑佑也/松尾静香をストレートで下してベスト4。日本ランキングサーキット4強の実績がある伊東克範/浦谷夏未(金沢学院クラブ/北都銀行)も、総合4強入りを決めている。

 

▼準決勝の対戦カード

権藤公平/廣田彩花 − 垰畑亮太/篠谷菜留

嘉村健士/米元小春 − 伊東克範/浦谷夏未


投稿日:2016/12/03
■関連キーワード