バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】2回戦選手コメント<男女シングルス>

【全日本総合】2回戦選手コメント<男女シングルス>

12月1日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)の3日目は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは男女シングルスに出場した選手のコメントを紹介しよう。

 

◆男子シングルス

全日本総合

坂井一将(日本ユニシス)/古財和輝(龍谷大職員)に2−0で勝利

「相手はベテランでいろんな戦い方を知っている選手。打たせる球やミスをさせる球を持っているだろうと思っていたので、まずは決め急がないこと。前半から先に点数を離して、気持ちに余裕を持って、そこで決めにいこうと考えていました。今日は中盤で点数を取られたり流れの悪いところもあったけど、点差があったから乗り切れました。ただ、明日からは厳しい戦いになると思うので、リードを保ちつつ終盤を迎えるのが理想です。

(今大会の目標は)優勝しか意味がないと思っています。万が一、決勝で負けてしまったら、自分には何のプラスにもなりません。優勝しなければならない、優勝して当たり前、そんな気持ちで臨んでいます。全日本社会人で優勝した自分が社会人のエースだという自覚があるし、大学生や高校生には負けられない。そこは自分に厳しくやっていきたいと思っています」

 

全日本総合

西本拳太(トナミ運輸)/小高拓也(丸杉)に2-0で勝利

「今大会は優勝することしか頭にありません。やはり日本代表に戻りたいですし、応援してくれている人たちに復活したところをアピールしたいと思っています。インカレで4連覇を逃して以降、自分を見つめ直して練習に取り組んできました。一本一本を大切にして、勝ちにこだわってやっていきたいです」

 

小野寺裕介(日本ユニシス)/武下利一(トナミ運輸)に2-0で勝利

「格上の相手だったので、最初からスピードを上げて、プレッシャーをかけることができたかなと思います。相手もラリータイプでしたが、我慢の部分で負けないようにしたことが勝利につながったと思います。明日以降も、誰より我慢強くプレーしていきたいです」

 

 ◆女子シングルス

三谷美菜津(NTT東日本)/星千智(日本ユニシス)に2−1で勝利

「試合は最初から最後までずっと苦しかったです。今年は(オリンピックに出られなかったり)いろいろなことがあって、いろいろなことをいわれたりして苦しかったんですが、いろいろな人に恩返をしたいという気持ちや、見返してやりたいという気持ちがすごくあったので、ここで負けられないという気持ちが最後につながったと思っています。明日がA代表に入れるかの勝負になってくると思うので、気持ちだけは強くもって臨みたいです」

 

髙橋沙也加(日本ユニシス)/橋本由衣(NTT東日本)に2−0で勝利

「今日は競るのが当たり前だと思って試合に入ったので、1ゲームの最初に競りましたが、対応できました。いい内容だったと思います。明日も長い試合になると思いますが、簡単には負けられないという気持ちで、今日の試合はいったん忘れて、明日に備えたい。今大会はプレッシャーも何もない、自分がただ向かっていくだけという、YOJのときと同じ気持ちなので一戦一戦、すべてを出しきるくらいの気持ちでやりたいです」


投稿日:2016-12-01
■関連キーワード