バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合】1回戦選手コメント<男子シングルス>

【全日本総合】1回戦選手コメント<男子シングルス>

11月30日に開催された『第70回全日本総合バドミントン選手権』(東京・代々木第二体育館)の2日目は、各種目1回戦が行なわれた。ここでは男子シングルスに出場した選手のコメントを紹介しよう。

 

◆男子シングルス

全日本総合

奈良岡功大(浪岡中3年)/金子真大(ふたば未来学園高2年)に0-2で敗退

「昨年までは向かっていく立場でしたが、今日の相手は以前に勝っていたので、負けちゃいけないという気持ちが強かったです。プレッシャーがあったというか……自分の気持ちが弱かったと思います。自分がやろうと思っていたことが全然できませんでした。こういう負けを、二度と繰り返さないようにしていきたいです」

 

全日本総合

金子真大(ふたば未来学園高2年)/奈良岡功大(浪岡中3年)に2-0で勝利

「相手のほうがプレッシャーはあったと思うので、自分は気持ちの部分で有利でした。奈良岡選手は、ずっと勝ちたいと思っていた相手。挑戦者の気持ちで、勝ちたい気持ちを持ち続けて我慢強くプレーできたことがよかったと思います」

 

全日本総合

山澤直貴(富岡高3年)/山口容正(トナミ運輸)に2-1で勝利

「今年度で富岡高校は最後なので、“富岡”の名前を残したい気持ちが強かったです。勝ちきることができて本当によかった。試合序盤はガチガチに緊張して頭が真っ白になったのですが、ファイナルの終盤にやろうとしていたことを思い出して、ようやくそれができたので、うまくいったかなと思います。それになにより、大堀(均)先生の声や観客席からの応援が聞こえて、最後まで足を動かすことができました。目標はベスト8。今日みたいにガムシャラに、高校生らしくプレーしたいです!」

 

全日本総合

上田拓馬(日本ユニシス)/大林拓真(埼玉栄高3年)に2-0で勝利

「今年の総合は大本命がいないなかで、誰にでも優勝するチャンスがある。もちろん、自分も優勝したい気持ちは強いです。昨年痛めた腰の影響で、今年は思うように練習ができず調子も上がりませんでした。でも、ここ1カ月くらいは充実した練習ができて、調子も上がっています。日本A代表としての自覚を持ちつつも、相手に挑戦する気持ちや、謙虚さを持ってプレーしていきたいです」


投稿日:2016-11-30
■関連キーワード