バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界ジュニア】日本がデンマークを下し準決勝進出!<団体戦> 

【世界ジュニア】日本がデンマークを下し準決勝進出!<団体戦> 

11月4日に開催された世界ジュニア2016(スペイン・ビルバオ)団体戦3日目は、決勝トーナメント準々決勝が行なわれた。

480img_0306

日本は予選リーグ後のプレーオフでシンガポールを下し、決勝トーナメント準々決勝に進出。4強入りをかけて対戦した相手は欧州の強豪・デンマークだったが、日本は第1試合の混合ダブルスを2−0のストレートで快勝。続く男子シングルスに出場した渡邉航貴も4本11本で勝利した。

王手をかけた日本は、女子シングルスの仁平菜月が第1ゲームこそ23−25で奪われたが、その後は盛り返して逆転勝利。日本はベスト4を確定させた。

準決勝は前回大会でも敗れている中国と対戦する。

日本の結果は以下の通り。

 

◆準々決勝

日本 3−0 デンマーク

▼混合ダブルス

岡村洋輝/松山奈未 2−0Daniel Lundgaard/Amalie Magelund27分

▼男子シングルス

渡邉航貴 2−0 Mads Muurholm21分

▼女子シングルス

仁平菜月 2−1 Line Christophersen53分

世界ジュニア

 

中国 3−0台湾

マレーシア 3−1 インドネシア

タイ 3−2 インド

 

▼準決勝

中国 − 日本

タイ − マレーシア


投稿日:2016/11/05
■関連キーワード