バトミントンTOP国内ニュースレディース・シニア ≫ 【大会結果】岐阜トリパンがV3!<ヨネックス杯国際親善レディース2016>

【大会結果】岐阜トリパンがV3!<ヨネックス杯国際親善レディース2016>

10月26日から30日にわたり、「ヨネックス杯国際親善レディース2016」が大阪市で開催された。今年で22回目を迎えるこの大会は、台湾、香港など東アジアを中心に海外からも選手が集う国際大会。3複で争われる団体戦で、今年は計243チーム(1745選手)が出場した。選手の年齢などをもとに7つのゾーンに分かれ、熱戦が繰り広げられた。

ヨネックス国際親善
岐阜トリパンの江藤理恵(右)と山口ソヨカ

競技レベルの高い選手で編成されたチームによるAゾーンには7チームが出場。決勝は、S/Jリーグ(これまでの日本リーグ1部)に所属する岐阜トリッキーパンダースと、元ナショナル選手も擁するYONEX MULAN(中国)との対戦だったが、現役国内トップリーガーの実力を見せ、岐阜トリパンが2-0で勝利した。岐阜トリパンは一昨年・昨年に続く3連覇を達成。昨年の大会で準優勝だった京都学連選抜が3位に入っている。

各ゾーンの優勝チームは以下の通り。

 

■Aゾーン(競技レベルの高い選手で編成されたチーム)

岐阜トリッキーパンダース

ヨネックス国際親善
今週末にS/Jリーグ開幕戦を控える岐阜トリパンが3連覇を成し遂げた

 

■Bゾーン(3複の合算年齢266歳未満)

Chinese Taipei A(台湾)

 

■Cゾーン(3複の合算年齢266歳以上288歳未満)

バーバママ(香川)

 

■Dゾーン(3複の合算年齢288歳以上)

泉ヶ丘A(大阪)

 

■Eゾーン(各選手50歳以上)

Friend’s Club B(香港)

 

■Fゾーン(各選手60歳以上)

千葉A(千葉)

 

■Gゾーン(各選手65歳以上)

きらり東京(東京)

 

■Hゾーン(各選手70歳以上)

フラワーズ(東京)

 

各ゾーン優勝チームの集合写真は11月22日発売のバドミントン・マガジン12月号にて掲載予定。


投稿日:2016-10-31
■関連キーワード